第2回 地域で支える上越緩和ケア研究会
2011年5月21日(土)15:00 ~ 18:00
上越市市民プラザ 2F 第1会議室
新潟県上越市土橋1914-1 TEL:025-527-3611
PROGRAM
情報提供 15:00 ~ 15:20
塩野義製薬株式会社
オープニングリマークス 畠山医院 畠山 重秋 先生
一般演題 15:30 ~ 16:30
座長 在宅緩和ケアクリニックきずな
名立診療所ひらはら内科クリニック 平原 克己 先生
Ⅰ 当院における緩和ケアリハビリテーションの現状
新潟労災病院 リハビリテーション科 作業療法士 稲垣 利重子 先生
Ⅱ.がん終末期外来患者の在宅療養移行への課題
新潟大学医歯学総合病院 緩和ケア認定看護師 澁澤 幸子 先生
新潟大学医歯学総合病院 医療ソーシャルワーカー 土田 聰美 先生
Ⅲ 「がん看護専門看護師の活動」
上越総合病院がん相談支援支援センター 北島 昌樹 先生
Ⅳ 薬剤師としてできること~緩和ケアチームと地域連携
新潟労災病院 緩和ケアチーム 緩和薬物療法認定薬剤師 木南 志朗 先生
特別演題 16:30 ~ 18:00
座 長
新潟労災病院外科 伊達和俊 先生
「在宅緩和ケアを進める鍵としての医療連携について」
‐厚生労働省科学研究費補助金 第3次対がん総合戦略研究事業
“緩和ケアプログラムによる地域介入研究(OPTIM )” の対象
鶴岡地区における“庄内プロジェクト” 3年間の成果を踏まえて-
OPTIM 鶴岡地区前地域責任者(前鶴岡市立荘内病院 院長)
新潟労災病院 院長 松原 要一 先生
クロージング リマークス 県立十日町病院 院長 塚田 芳久 先生
共催:上越医師会
新潟県緩和医療研究会
塩野義製薬株式会社
ダウンロード

第4回 新潟緩和医療ネットワーク研究会 2010年11月20日(土)14:00