5年 算数
直角三角形の面積を求めよう
同じ直角三角
形2つで長方形
ができた。
長方形の面積
の半分といえる。
長方形のたて
4
×
長方形の横
6
÷
その半分
2
=
12㎠
長方形を作って考える
三角形の形を
移動させると長
方形ができた。
長方形の面積
の半分といえる。
長方形のたて
4 ÷ 2 = 2
できた長方形の面積
2
×
6
=
12㎠
次の三角形の面積を求めよう
二つの直角三角形に分けて考える
①
②
4×4÷2=8
4×2÷2=4
8+4=12
12㎠
長方形の面積をもとに考える
4×6=24
24÷2=12
12㎠
直角三角形を長方形に変形させて考える
4÷2=2
2×6=12
12㎠
三角形の面積は、長方形の面積の半分になる
A
BCとAD
の長さがわ
かれば面積
が求められ
る
高さ
B
底辺
C
D
長方形の面積の公式 = たて
横
× 横
たて
三角形の面積の公式 = 底辺
× 高さ
÷ 2
どんな三角形にも「底辺」と「高さ」がある
高さ
高さ
底辺
底辺
直角に交わるところが「高さ」
三角形の面積の公式 = 底辺
× 高さ
÷ 2
ダウンロード

Document