「
やさい
野菜を
た
食べよう 」
野菜や果物は、ビタミン、ミネラル、食物繊維等を多く含み私たちの生活に欠かせない食
べ物です。
ところが、私たちの1日の野菜の消費量は、毎年減少傾向にあります。また、野菜の価格も
低下傾向にあり、野菜を作っている農家の方は苦しい状況にあります。
野菜や果物はエネルギーや脂質をわずかしか含んでいないことから、野菜・果物を多くと
ることは肥満等の生活習慣病を予防することにもなります。
私たちがもっと、日本の特に地元で採れた野菜や果物を食べることは、健康にもいいこと
ですし、野菜や果物を作っている日本また地域の農家の方を助けることにもなります。私
たちが農家の皆さんが作った野菜を喜んでたくさん食べれば、農家の方はもっとおいしい
野菜を頑張ってつくるようになります。
ですから、野菜・果物をもっとモリモリ食べましょう。
■ 1日350g( 5皿分 )の野菜を食べよう
私たちが1日に採ることが望まれる、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの各栄養素に
ついては、「日本人の食事摂取基準(2005年版)」に定められておりますが、この基
準を満たすためには、野菜では1日350g~400g、果物であれば皮をむいた量で150g~
200gとされています。野菜で1日350gはお皿でいうと5皿分になります。野菜1皿の目
安は以下のとおりです。参考にしてみてください。
ダウンロード

「野菜を 食べよう」