情報のディジタル化
ディジタル情報のあらわし方
ディジタル情報のあらわし方

モールス信号
「トン」(短点)「ツー」(長点)を組み合わせて作った符号
A
B
YES

コンピュータ
「0」か「1」の二つの信号の組み合わせを使ってデータ処理→2進法
2進数の1桁→ビット
8ビット→1バイト
バイト
0
1
0
1
1
0
0
1ビット
1
2進数について

オセロの石で表される情報
1個
2個
3個
●●
●○
●
○
○●
○○
●●● ●●○ ●○● ●○○ ○●● ○●○ ○○● ○○○
4個で何種類?
4枚で
4個で
○○○○
○●○●
○○○○
○●○○
○○○○
○○●●
○○○○
○○●○
○○○○
○○○●
○○○○
↓
○○○○
●○●●
○○○○
●○●○
○○○○
●○○●
○○○○
●○○○
○○○○
○●●●
○○○○
○●●○
○○○○
○○○○
○○○○
●●●●
○○○○
●●●○
○○○○
●●○●
○○○○
●●○○
16種類
1個で2種類
2個で2×2=4種類
※ n個で2n種類
3個で2×2×2=8種類
2進数について



10進法 0~9の数を使い,けた上げをしていく
2進法
0と1を使い,けた上げをしていく
ともに一つのけたで使える全ての数字を使い終わったら,
けたを増やす。
2進法
各けたの重み→ ・ ・ ・ 25 24 23 22 21 20
(32) (16) (8) (4) (2) (1)
例 1 0 1 1 0 1
10進法
各けたの重み→ ・ ・ ・ 105 104 103 102 101 100
(十万) (万) (千) (百) (十) (一)
例 2
0
5
9
4
6
2進数について

2進数から10進数への変換
2進数
1
0
0
×
×
×
×
×
22
(4)
21
(2)
20
(1)
24 23
(16) (8)
↓
↓
↓
1
↓
1
けたの重みを
かける
↓
16 + 0 + 0 + 2 + 1 = 19
POINT
10進数
に変換
各数字の位置(けた)によってそれぞれの数字の重みが
違う。この大きさをけたの重みといい,2進数の各けたの
重み(20,21,22・・・)をかければ10進数に変換できる。
2進数について

10進数から2進数へ
2 ) 27 余り
2 )13・・・1
2 ) 6・・・1
2 ) 3・・・0
1・・・1
余りを下から
読むと
11011
POINT
2で割っていき,余りを書いて,商が1になるまで割り算を
くり返す。最後の商(1)から余りをたどってつなぐ。
16進数について


2進数はコンピュータで直接取り扱えるが,0
と1のら列で,はん雑になる。そこで16進数を
用いることが多い。
16進数は0~9とA,B,C,D,E,Fの16個の文字
と数字を用い,けたの重みを160,161,16
2・・・とする数え方。
16進数から2進数へ
4ビット
ずつに
くぎる
(01001111)2
0100
16進数で
表示
1111
2進数から16進数へ
(9C)16 各けたを
2進数に
なおす
1001
1100
あわせて
=(4F)16
=(10011100)2
10
進数
2
進数
16
進数
0
0000
0
1
0001
1
2
0010
2
3
0011
3
4
0100
4
5
0101
5
6
0110
6
7
0111
7
8
1000
8
9
1001
9
10
1010
A
11
1011
B
12
1100
C
13
1101
D
14
1110
E
15
1111
F
ダウンロード

パワーポイント:74KB