川のよごれを調べよう
出かける時の注意点
○出かけるときは、それにふさわしい服装やよりよく観
察するための道具を用意しよう!
(川で生き物をとるときは、すべらないくつぞこの
シューズがよい。)
○きけんな場所や生き物(どくヘビ、スズメバチなど)
に注意しよう!
○調べたことは、観察ノートに記録しよう!
(聞く・見る・さわる・においをかぐ)
もどる
どんな調べ方があるのかな?

出かける前に・・・

科学的な水質調査

川のごみ調べ

川の生き物調べ
もどる
科学的な水質調査
①水温・気温
②水の色
③透視度
④におい
⑤PH(水素イオン濃度)
⑥COD(化学的酸素要求量)
⑦アンモニア性チッソ濃度
もどる
①水温・気温
 水温が高いと水生植物やプランクトンなどの
活動がさかんになり、水中の酸素をたくさん
使います。酸素の多い少ないは、水中の酸素
を呼吸する魚に影響します。水温は気温とも
関係するので、いっしょにはかるようにしま
しょう。
もどる
②水の色
 水が透明か、色がついているかを調べます。
植物プランクトンが多い水は緑色になります。
もどる
③透視度


水のすきとおっている度合い。
プラスチックなどでできた透視
度計ではかります。
作り方・使い方
(徳島県立総合教育センター
「教材データベース」より)
もどる
④におい
 においがあるかどうか、水道水などとくらべて
みます。
もどる
⑤PH(水素イオン濃度)
 水が酸性か、アルカリ性かがわかります。
PH7が中性で、それより数字が大きいとアル
カリ性、小さいと酸性です。純粋な水は中性
で、そうでないときは何かがとけています。
PH計やパックテストで調べることができます。
もどる
⑥COD(化学的酸素要求量)
 水中の有機物が分解されるときに使われる
酸素の量を調べます。数字が大きいほど有
機物が多く、水はよごれています。
パックテストで調べることができます。
もどる
アンモニア性チッソ濃度
 動物のふんやにょうなどに入っているたんぱ
く質は分解されて、アンモニア状態のチッソ化
合物に変化します。このアンモニアの量を調
べます。数字が大きいほど水はよごれていま
す。
パックテストで調べることができます。
もどる
川のごみ調べ
 川のどこにどんなごみが多いか、ごみひろい
をしながら調べて、その結果を地図に記入し
てみましょう。
水辺や、ヨシ原、河川敷の草原や公園などに
分けて考えると、川の流れや人々が川を利用
している場所との関係などが分かります。
もどる
川の生き物調べ
 日ごろの川の状態を知るために生き物を調べ
てみましょう。きれいな水でしかくらせない生き
物は、川がよごれてくるとすぐに見られなくな
り、よごれに強い生き物だけがのこります。
このように、川にどんな生き物がすんでいるか
を「ものさし」に、川のよごれを調べることもで
きます。
水質を教えてくれる川の中の生き物たち
もどる
水質を教えてくれる川の中の生き物たち
 きれいな水にすむ生き物
 少しよごれた水にすむ生き物
 きたない水にすむ生き物
 とてもきたない水にすむ生き物
もどる
きれいな水にすむ生き物
もどる
少しよごれた水にすむ生き物

もどる
きたない水にすむ生き物

もどる
とてもきたない水にすむ生き物

もどる
パックテスト
パックテストの使い方
カラーチャートの使い方
①チューブのはしのピンをぬく。
②中の空気を追い出し、半分 くらい水をすいこませる。
③よくふりまぜ、指定時間後の色をカラーチャートとくら
べる。
もどる










簡易水質調査用具の作成(透視度計)(高さ48cmバージョン)
(1) 用意する物
1.5リットルの丸型ペットボトル2個
二重十字紙
目盛りシート
リサイクルカット(ペットボトル用はさみ) なければふつうのはさみでも可
(なお,ペットボトルを5つつなげると100cmバージョンもできます。)
(2) 作り方
① 筒の製作
ペットボトルには,ふくらみや,くぼみがあり,種類によっては, ここをうまく切ると2本のボトルを
はめ合わせることができます。 つなぎ目は,ふくらみとふくらみを合わせるだけでもほとんど水は
漏れませんが,ビニルテープで2,3回巻き重ねておきます。
② 目盛りシートの貼り付け
目盛りはふたを0として1cmごとにつけます。
さしを当てて10cmごとに点を打ち,それに合わせてメモりシートを貼ります。
目盛りシートは,0~12cm,13~30cm,31~48cmの3つに分けてレーザープリンター用ラ
ベルシートに印刷しました。
③ 標識板の製作
OHPシートや,水に強い牛乳パックのような紙に二重十字を書いて標識板を作り, ふたの中
に入れます。
(二重十字の線の太さ)
(3) 使い方
①標識板をセットしたふたを閉めます。②調べたい水を透視度計に入れて満たします。③真上か
ら見ながらふたを少し開けて,水を減らしていきます。④二重十字がはっきり見えてきたところで,
ふたを閉めます。⑤そのときの水の高さを読む。目盛りはcmで,透視度○○cmと表します。☆
いっぱい入れてもなお二重十字がはっきり見えたら48cm以上と表します。
ポイント直射日光をさけて,日陰ではかる。採水したその場ではかるほうが正確に測 定できます。
時間がたつと,にごりの原因物質が酸化されるからです。透視 度の値の小さい水は,水の中に
懸濁物質が多く含まれています。
もどる
ダウンロード

川のよごれを調べよう[パワーポイント文書]