ひつじ書房とは?
松本功
ひつじ書房 代表取締役
www.hituzi.co.jp
[email protected]
ここはどこでしょう?
アジアからの難民の避難場所?
倉庫です。
浅草の、東京本願寺の地下にあります。
合羽橋のそばです!
作って売るだけではなく
作った本は、在庫を管理し、返品をき
ちんと見る
本を作って、売って、残ったものを丁
寧に扱う
作っていく全工程に関わって本を作る
本を売りに全国を回ります。
これは、同志社女子大学で、日本語文
法学会の売り場です。
大阪での学会に出張した時、たまたま、
ホテルが適塾の近くでした。
ひつじ書房のスタッフです。
他にマチネスタッフと学生スタッフが
います。
Dクラスの下位
年間の売り上げが6000万円
Dクラスの下位の方
1800位(/4300社)程度
スモールパブリッシャー
出版パラダイムの変換
ピラミッド型の知からの脱却
情報の流通の変化
リテラシーの変化
出版・編集の意味のとらえ直し
インターネット、電子テキス
トに取り組む
1994年にネットワークのエチケットの翻訳刊行
1995年にホームページを作る(人文書の出版社で、はじめて)
1995年に電子本を試作
1996年にpdf で大学の紀要の電子化の試作
1996年に『マックで中国語』刊行(多言語組み版への布石)
1996年に『デジタルテキストの技法』刊行
1997年に書評のホームページ
1998年に「投げ銭システム」提唱
1999年に電子テキストブラウザー「T-Time」ボイジャーと協力
し、発売
言語学の出版社
1990年、創業
1991年、『日本語動詞の諸相』
1994年、『方言地理学の展開』
図書館、出版システムへの提
言
『ルネッサンスパブリッシャー宣言』
『文学者は作られる』山本芳明
『進化する図書館へ』
『税金を使う図書館から税金を作る図
書館へ』
起業家精神
女性起業家、社会起業家、NPOを支援
する本をだす!
レビューソサエティ
レビューエコノミー
労働価値説、希少価値説失効後の新し
いビジョン
オールドメディア、図書新聞との連携
レビューエンジン、ネットレビュー
ジョッキー
2章への助走
1998年、投げ銭システム提唱
同年秋、デジコンブース参加、竹内利明さんと会う
1999年、投げ銭シンポジウム 常世田さんパネラー
2000年、1月、菅谷明子さん、来日の折、浦安市立図書館で講演
2000年、3月、進化する図書館の会、結成
2000年、10月、菅谷さんの『図書館の学校』の記事を竹内さんへ
転送(版権を支払った上で)、竹内さんから、通産省の人へ
2000年、図書館総合展で、来日。通産省の方と菅谷さん合う
2000年12月、通産省で「ビジネス支援図書館推進協議会」結成
第二の創業 学術研究と市民
知の橋渡し
市民のコミュニケーション
市民活動へのサポート
学術研究出版社
アカデミズムへのサポート
ナレッジコミュニティを作る
売り上げを1.2億円へ
2005年中に売り上げを2倍に
年間刊行数を40点へ
学術研究出版社としてのブランド確立
市民知をプロデュースする出版社とし
て1番の実績
キーワード
市民知、NPO
ミクロ革命
レビューソサイエティ、レビューエコノミー
コミュニケーション、メディア
読者、パトロン、Community of Practice
編集、ナビゲーション
学習社会、学習し、進化する町内会
職住接近
投資、投げ銭、アンガージュマン
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション