5. 極配置設計
状態フィードバックについて
 制御対象(plant): 線形システム: x  Ax  Bu
x  n … 状態ベクトル
y  Cx
u  m … 入力ベクトル
y  l … 出力ベクトル
 制御則: 状態フィードバック: u = Fx + Gv
v  k … 新たな入力ベクトル(通常 k = m)
F … m行n列行列, G … m行k列行列
v
Controller
u
Plant
y
x
拡大された系(閉ループ系)ができる
閉ループ系
 制御対象: x  Ax  Bu
y  Cx
 状態フィードバック: u = Fx + Gv
 閉ループ系:
x  ( A  BF ) x  BGv
y  Cx
x  A x  B v
y  Cx
( A  A  BF , B  BG)
状態フィードバックを施した後、行列 A の部分が A + BF のように変わる。つまり、状
態フィードバックで固有値を変えることにより、システムの安定性も変わる。
状態フィードバックと可制御性
 状態フィードバック則 u = Fx + Gv において、k = m つまり G は正方行列であるとす
る。ここで、G は正則であると仮定する。
 u と v は互いに変換可能
u = Fx + Gv
v = G–1(–Fx + u)
つまり、
状態を原点に移動させる u が存在
状態を原点に移動させる v が存在
G が正則行列ならば、状態フィードバックによって可制御性は変化しない
状態フィードバックと可観測性
 一方、状態フィードバックにより可観測性が変化することがある。
(例)
1   0
0
 2 1
x  
x

u


rank
2


1

2
1



  
  1 0
y  2 1x
可観測
状態フィードバック
u   1  1x  v
1   0
0
x  
x   v


2

3

 1
y  2 1x
1
2
rank
1


2

1


不可観測
可観測性行列のランクが変わる
→ 状態フィードバックは可観測性を保存しない
極配置とは
 状態フィードバックによって、A の部分を A + BF のように変えることができるの
で、システムの固有値を変えることができる。
F を選ぶだけで、全ての固有値を変えることができるのであろうか?
 極配置問題
複素数の組 {l1,l2,…ln} があらかじめ与えられている。ただし、虚数は常にそ
の共役複素数とペアになってこの組の中に入っているものとする。このとき、行
列 A + BF の固有値を、 {l1,l2,…ln} にするような F を見つける問題を極配置
問題という。
つまり、自由に A + BF の固有値を指定できるかどうかの問題。
極配置の可解条件
極配置の可解条件は明確に得られている。
A + BF の極配置が可能であるための必要十分条件は、システム x  Ax  Bu
が可制御であることである。
 (必要性の証明) 対偶を証明。もし不可制御ならば、A のある固有値 l0 に対し
て、 rankl0 I  A B  n 。つまり、 l0 に対する左固有ベクトル x0T に対し、 x0TB
T
= 0。したがって、 x0 {l0 I  ( A  BF)}  0となり、 l0 は A + BF の固有値でもある。
もし、不可制御ならば、固有値 l0 はフィードバック行列 F によって変えることは
できないことが証明された。
 (十分性の証明) 実際に可制御なら、極配置ができることを示す。(次ページ以
降、1入力系のみ)
極配置設計の実際(1)
1入力系の場合の極配置について説明する。
 まず、閉ループ系に配置したい固有値 l1,…,ln を決める。安定性を考えて、実
部を負にする必要がある。収束性の観点から実部の絶対値を大きく取りたいと
ころではあるが、そうすると入力が大きくなるなどの弊害も出てくるので、適度に
選ぶ。
 選んだ固有値を元に、閉ループ系の望ましい特性方程式を作る。
(l  l1 )(l  l2 )(l  ln )  ln  n1ln1   1l  0
 制御対象を可制御正準系に変換する。
座標変換:
z = Tx
可制御正準系:
1
0   0
 0

 
 
z  
 z   u
0
1   0
 0
  0  1    n 1   1 
極配置設計の実際(2)
 フィードバック (z で表現) :
u F0 z  0  0   n1  n1 z
 閉ループ系:
1
0   0
 0

 
 
z  
 z    0   0   n   n z
0
1   0
 0
 
  0  1    n 1   1 
 0


 0
  0
1

 1
0 


z
0
1 
   n 1 
 フィードバック:
u  F0 z  ( F0T ) x  Fx
閉ループ系の特性多項式の係数が、
希望の値になった。
F = F0T が求める
フィードバック係数
係数  の選択について
 収束性の観点から実部の絶対値を大きく取りたい。
 しかし、それを大きくとると入力が大きくなるなどの弊害も出てくる。
 また、システムが変動した場合の安定性の保持に関しても問題が出てくる。(ロ
バスト安定性)
収束性
入力の大きさ
最適レギュレータ
ロバスト制御
ロバスト安定性
それ以外の希望する要件
より一般化されたロバスト制御 (LMI・BMI手法など)
 高度な制御(advanced control)手法は、授業で触れられないが、たくさんある。
ダウンロード

システム制御基礎論