○○○○株式会社 御中
JSS実施要綱(案)
実施日:200X年○月○日~○日
場 所:○○○研修所
200X年○月
ワクコンサルティング株式会社
http://www.waku-con.com/
Copyright 2007 © WAKU
目次
1 JSS合宿検討会の目的と実施ステップ
2.JSS(ジョイントソリューションセッション)合宿検討会
実施方法
3.セッション・ルールと価値観の共有化
4.JSS合宿検討会 アジェンダ
5.優先順位評価
6.準備事項 (例)
Copyright 2007 © WAKU
1
1.JSS合宿検討会の目的と実施ステップ
JSS合宿検討会の目的
御社で抱える課題を、経営幹部、関連部門長、キーマンで共有化すると共に、今後の業務改革、
情報システム改革の改革テーマを設定し、その優先順位付けを行う。
これにより、参加者のコンセンサスの醸成とベクトルの統一を諮り、今後の長期にわたる改革
活動のベースとする。
参加者
関連部門長、キーマン、プロジェクト専任候補者、プロジェクトメンバー候補者+事務局
人数
20名~Max40名位
JSSの実施ステップ
JSS実施要綱ガイド
4月25日
参加者選抜
4月18日
日程確定
4月4日
事務局への宿題ガイド
5月9日
-目標設定
-SWOT分析
参加者メンバーへの宿題ガイド 5月10日
-部門課題、テーマ
宿題(上記4)と5))受領とまとめ 5月16日
JSS実施
5月20日(金)・21日(土)
JSS実施結果まとめ
JSS実施後、1週間
Copyright 2007 © WAKU
2
2.JSS(ジョイントソリューションセッション)合宿検討会実施方法
Challenge30
基本骨子・目標
CHANGE
プロジェクト目標
・QCDの最適化
・財務体質の改善
固定費の削減
・企業文化の改革
JSS
Joint
Solution
Session
事業環境
ワクコンサル
業務診 断
事務局
JSS参加者
コンサルの
課題/提言
参加者抽出の
課題/解決案
SWOT分析
(強み・弱み/機会・脅威)
1
目標の確認と
詳細化、時期
成果物






プロジェクト目標
SWOT分析表
課題一覧表
解決策一覧表
解決策優先順位
改革テーマ(案)
2
SWOT分析
確認・検討
課題の確認
解決策の検討
解決策の評価
優先順位付け
3
4
5
6
小
←
効
→
果
大
S10
S17
S8
S9
S10
S6,16
S3
S11
S1,5
S4,7
S12
S13
大 ← 実現可能性 → 小
・ 経営陣と各部門長・コアメンバが参加し
課題設定、解決策の策定を行う。
・ 関係者のコンセンサス造りを行う。
解決策の深堀検討
(改革コンセプト)
Copyright 2007 © WAKU
プロジェクト企画書
3
3.セッション・ルールと価値感の共有化
セッション・ルール
•
•
•
•
•
•
•
•
•
全員対等
ノートをとらない理解から体得へ
頭脳全回転
フリーディスカッション禁止
⇒ コントロールディスカッション
LISTEN
: 相手の立場・主張・意見の理解
TALK NET
:
適語表現
テーマをスリップしない
対案なければ賛成 ⇒ 全員の合意
価値感の共有化(プロジェクト推進時の基本的考え方)
•
•
•
•
•
顧客指向
≫
全体最適
≫
重点指向
≫
グローバル視点
現状打破
生産者指向
部分最適
網羅的アプローチ
Copyright 2007 © WAKU
4
4.JSS合宿検討会 アジェンダ
○月○日(○)
項目
担当
時間
1.当プロジェクトの狙いと意義
社長
9:30~10:00
2.JSSの目的・進め方
ワク
10:00~10:20
事務局・ワク
10:20~12:00
3.プロジェクト目標の確認とマイルストーンの設定
〔昼食〕
12:00~13:00
4.SWOT分析
事務局、各事業部
13:00~14:00
5.業務診断書の課題、提案事項の再確認
ワク
14:00~15:00
6.各参加者の課題と提案事項発表とQ&A
各参加者
15:00~17:50
7.グループ分け(2グループ)の説明
部門代表
17:50~18:00
8.提案事項の優先順位付け(グループ毎)
2グループ
18:00~20:00
ワク
9:30~11:00
○月○日(○)
9.優先順位付けした提案事項の達成度評価
10.提案事項を4項目選定(優先順位順)
ワク
11.提案事項毎に6グループに分かれて「業務基本構想書」
を作成
11:00~14:30
各グループ
〔昼食〕
12.「業務基本構想書」の発表とQ&A
13.講評
12:00~13:00
グループ代表
14:30~16:30
ワク・PJオーナー
16:30~17:00
Copyright 2007 © WAKU
5
5.優先順位評価
以下の表のフォーマットを作成したファイルを事前に準備願います。
Ⅰ.効 果
業務革新テーマ(提案事項)
総合
スピードアップ
スループット向上
コスト削減
ERPによる基幹業務プロセス再構
築
A
A
A
B
№
GT4
A:効果大、
B:効果やや大、 C:効果は有る、 D:効果小
Ⅱ.実現性
業務革新テーマ(提案事項)
№
GT4
総合
技術面
投資面
工数面
2
3
2
2
ERPによる基幹業務プロセス再構築
1:実現性大、
2.:実現性やや大、
3.:実現性は有る、 4.:実現性小
Ⅲ.優先順位マトリックス
効果が小さい
D
効果は有る
C
効果がやや大きい
B
GT3
GT2
効果が大きい
A
GT1
GT4
1
2
3
4
実現性が大きい
実現性がやや大きい
実現性は有る
実現性が小さい
効果
実現性
GT5
Copyright 2007 © WAKU
6
6.準備事項(例)
備品類
(1)ホワイトボード
3台
(2)パソコン
4台〔整理した内容記述のため〕
(3) プリンタ 1台
(4)プロジェクタ
(5)電 卓
1台〔発表のため〕
3台
準備資料一式
・診断時の各部門ヒアリング時に準備された資料一式、及び診断書、
プロジェクト企画書を持参願います。
・その他、ディスカッション時に参考となる資料があれば持参願います。
Copyright 2007 © WAKU
7
ダウンロード

1.ビジネスプロセス概要