LC/TOF-MSを用いた臭素系難燃剤の分析
横河アナリティカルシステムズ(株)
〇滝埜昌彦 熊谷 浩樹
背景
1. ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)はプラスチック製品や織物
製品などの消費材に広く使用されている難燃剤で、油や脂質へ
の溶解性が高いことから環境中での残留、生物濃縮が懸念ざれ
ている。
2. 分析法にはGC/MSが主に使用されているが、GCを使用した分
析手法の場合、臭素の多いPBDEは感度が悪い、分析カラム中
で分解するなどの問題点も多い。
目的
3. 一方、分離手法にLCを用いた場合、分解が少なく精度の高い分
析が可能であるが、分離の点でGCと比較して劣ることから選択
性の高い測定法が不可欠である。
精密質量測定及び高分解能測定が可能な飛行時間型質
量分析計(TOF-MS)を用いたLC/MSによるPBDE類の
分析法の検討を行った。
検討項目
1. イオン化法の最適化 (ESI,APCI,APPI)
2. TOF-MSによる精密質量測定
3. TOF-MSによる微量分析
4. 固相抽出法による河川水中微量PBDEの濃縮法
DBDEの精密質量スペクトル
結果
Intensity, counts
×106
2.6
Br
Br
Br
894.2461(M-Br+O)-
Br
2.2
Br
1.8
O
Br
1.4
Br
1.0
Br
0.8
Br
Br
486.5828
0.2
200
300
400
500
600
m/z, amu
700
800
モノアイソトピック イオンの理論精密質量 : 886.2554
実測強度 : 4000cps ×106
2.4
1.8
900
1000
1100
894.2461
896.2439
892.2481
898.2422
1.2
ベースピークイオン
:
C1279Br581Br4
実測値の相対質量誤差 : 1.2ppm
0.6
890.2504
900.2404
888.2535
884 888 892 896 900 904 908 912
結果
各PBDEの精密質量マスクロマトグラム(0.1ppm)
Deca-Br
2800
Hepta-Br Nona-Br
Hexa-Br
2400
Tetra-Br Penta-Br
m/z=894.22-894.24
Intensity (cps)
2000
m/z=814.31-814.33
1600
m/z=736.40-736.42
m/z=658.49-658.51
1200
m/z=580.58-580.60
800
m/z=500.68-500.70
Tri-Br
400
m/z=420.88-420.92
0.2
0.6
1.0
1.4
1.8
2.2
2.6
3.0
3.4
Retention time (min)
3.8
4.2
4.6
5.0
ダウンロード

横河アナリティカル