上級で学ぶ日本語(Ⅰ)
第 5 課
猫ばばと死刑
吉林華橋外国語学院
日本語学部 製作
本文
第5課 形式段落



第1段落 (話題提示 「猫ばばする」という言葉 )
関西で起こった警察官猫ばば事件――この事件を知って、同じよう
なことが自分の身に降りかからないとも限らないと思い、ぞっとした
人も少なからずいたであろう。
第2段落 (話題発展 裁判史上で有名なえん罪事件 )
弘前大学教授夫人殺人事件――無罪までの長い道のりを歩んだ
25歳の青年は、えん罪が晴らされたとき、既に55歳になっていた。
第3段落 (議論 えん罪について )
人が人を裁くことの恐ろしさを考えずにはいられない。
第5課 形式段落


第4段落 (分析 『犯罪と処罰に関する世論調査』 )
調査対象となった人の三人に二人が「死刑制度の廃止には反対」
と答えたということである。
第5段落 (筆者の意見)
裁判が人間の判断に基づいて行われる以上、全く間違いが生じない
とは言い切れない。
第5課 意味段落
1、2段落
えん罪の実例
3段落
えん罪について
4段落
死刑に対する世論
5段落
筆者の意見
第5課 ①-1
お金や貴重なものを拾っても警察に届けず、自分の物
にしてしまうことを「猫ばばする」と言う。この言葉がマスコ
ミをにぎわした事件があった。関西のあるスーパーで、客
が15万円の現金を拾ったのが事の始まりである。「店内
で拾った」と言ってそれを手渡されたスーパー経営者の
妻Aさんは、すぐに近くの交番に届けを出した。ところが
当の警察が、そんなお金は受け取っていないと言い出し
たことから、事件は妙な方向に動き出した。
第5課 ①-2
警察は、Aさんがお金を猫ばばしたものとして捜査を始め、
Aさん夫婦及びその家族を追い詰めていく。あわや逮捕とい
うところで、届け出を受けた交番の警察官の一人が猫ばば
していたことが判明し、ともあれ事件は解決した。しかし、そ
の間、嫌疑を掛けられたAさんが世間から白い目で見られ、
苦しめられたのは言うまでもなく、事件の成り行きいかんで
は犯人にされる恐れさえあった。マスコミはこの事件を人権
問題として取り上げたが、この事件を知って、同じようなこと
が自分の身に降りかからないとも限らないと思い、ぞっとし
た人も少なからずいたであろう。
第5課 ②-1
時代はさかのぼって、1949年8月。青森県弘前市で大学
教授の家に何者かが忍び込み、教授の妻が襲われ殺され
るという事件があった。教授夫人殺害とあって、同県警察本
部は、全力を挙げて捜査に当たった。その結果、事件から
二週間ばかりして、Nさんという25歳になる無職の青年が事
件の容疑者として逮捕された。犯行を否認し、無実を主張
するNさんに対して、地方裁判所は証拠不十分で無罪の判
決を下すのだが、検察側は控訴。高等裁判所、最高裁判所
と審理が続けられた末に、懲役15年の刑が確定し、Nさん
は服役した。
第5課 ②-2
ところが、Nさんが刑期を終え刑務所を出てから、真犯人
が名乗り出、審理が再開され、その結果、最終的にNさんの
無実が証明されることになる。逮捕されてから30年にして
やっと勝ち取った無罪判決である。異例ずくめと言われたこ
の事件で、無罪までの長い道のりを歩んだ25歳の青年は、
そのとき既に55歳になっていた。
第5課 ③
えん罪とは、無実の者が有罪の判決を下されることを言
う。Nさんの事件以外にもえん罪事件があり、身内や支援
グループの長年にわたる努力が実を結び、死刑が無罪に
逆転したというケースもいくつかある。このようなえん罪事
件に接すると、人が人を裁くことの恐ろしさを考えずには
いられない。えん罪事件の報道の度に、「もし間違って逮
捕されていたのが自分だったら・・・」と、それを我が身の
事として捉えた人も少なくなかったはずである。死刑の判
決が下され執行された後で、それがえん罪であったことが
判明した場合、一体誰が、どんな責任を取り得るのであろ
うか。
第5課 ④-1
1989年、国連では多くの国の支持を得て、死刑廃止条約
が採択された。これを契機に、死刑制度を一部、ないしは全
面的に廃止する国が増え、1991年現在、その数は80カ国以
上に上っている。一方、国内にあっては、国連での条約の
採択に先立ち、1988年、政府によって、『犯罪と処罰に関す
る世論調査』が実施された。それによると、調査対象となっ
た人のうち三人に二人が「死刑制度の廃止には反対」と答
えたと言うことである。政府はこの調査結果を検討した上で、
条約の採択を見送るという結論に至った。
第5課 ④-2
この調査では、「『罪を憎んで人を憎まず』、建て前として
は死刑廃止論には賛成です。しかし、身内の一人が殺され、
ましてそれが子供であったりした場合、恨みを晴らさずには
おかない、何とかできないものか。法律でできないなら、
いっそこの手で殺してやろう…そう思うのが人の情というも
のではないでしょうか」と、人間の本音が語られている。
第5課 ⑤
感情的には確かに納得するに足る意見である。しかし、
裁判が人間の判断に基づいて行われる以上、全く間違
いが生じないとは言い切れない。現に、不正を正し、市民
の安全を守るべき警察からして、組織内部の不正すら見
つけられず、市民に疑いを掛けるという事件を起こす始
末である。また、30年もの間、何の罪もないのに殺人犯
扱いされ、人生の大半を犠牲にした人もいるのである。
人が人を裁く限り、このような人がもう二度と現れないと
いう保証はどこにもない。
ダウンロード

第5段落