資料
1.水の都大阪再生構想 ・ 大阪 花と緑・光と水のまちづくり
2.「水都大阪2009」の概要
3.水と光のまちづくりコンセプト
4.水都大阪の歴史・文化・資源
5.水質の現状
6.シンボル空間(参考)
7.四季のイベント
8.構想の検討組織
9.構想の検討経過
1.水の都大阪再生構想 ・ 大阪 花と緑・光と水まちづくり
水の都大阪再生構想
(H15.3水の都大阪再生協議会)
大阪 花と緑・光と水のまちづくり
(H15.3花と緑・光と水懇話会)
目標
① 国際集客都市
② 「水・川」をテーマとした「21世紀のモデル都
市」の創造
③ 豊さの創出
① 世界中から人・資金・情報・知恵が集まる都
市
② 国際集客都市
③ 大阪の国際競争力強化に向けたアイデン
ティティの確立
コンセプト
輝け 水の都大阪
~『時を感じる水の回廊づくり』の推進
四季折々の花と緑あふれ、
美しい光に彩られる水の都
取組方針
推進方策
(ハード中心)
① 美しい水辺のまちをつくる
② 心に響く水辺の賑わいをつくる
③ 水辺をネットワーク化し魅力を高める
④ やすらぎの水環境をつくる
(ソフト中心)
① 都市魅力の再構築
② 「花と緑・光と水」のまちづくり
③ 大阪らしさへの集中的取組
④ ビジターを視野に入れたまちづくり
① 住民・NPO・企業・経済界・行政などオール
大阪による推進
① 行政・経済界・市民の一致協力
② 「水の都再生協議会」との連携
③ 国をはじめ関係各方面との協力と連携
④ 広域連携
1
2.水都大阪2009の概要
名称
水都大阪2009
AQUA METROPOLIS OSAKA 2009
キーワード
連携・継承・継続
開催日程
2009年8月22日(土)~10月12日(月・祝)〔52日間〕
会場
中之島公園・八軒家浜、水の回廊エリア 他
主催
水都大阪2009実行委員会
(会長:平松邦夫大阪市長)
来場者数
延べ189万6千人
プロデューサー
北川 フラム(アートディレクター)
橋爪 紳也 (大阪府立大学教授)
総合アドバイザー
安藤 忠雄(建築家、東京大学名誉教授)
展開方針
[アート]
①市民と交流・協働するアートでまちづくりを促進
②美しい都市空間の実現を促進
③創造的人材の育成と集積を促進
[市民参加]
①街の主役・担い手である「市民」が積極的に参加するこ
とにより、次代の社会をつくる"エンジン"となることを
推進
②都市の利用者である市民の視点からの参加を誘発
③市民活動の量と質の向上を促進
2
2.水都大阪2009の概要(残された課題)
■水都大阪2009の実行委員会(大阪市平松市長、大阪府橋下知事、関経連会長代理他が出席)で配布された「水都大阪2009」の課題は下記のとおり。
項 目
課 題
①景観・文化
○水都大阪の景観と文化をさらに魅力的な形で訴求していくことが必要。
②人材の育成と集積
○市民参加の目的像を広く市民の間で共有し、自由と自己責任のルールを確立することが必要。また、
まちづくりの担い手としてのさらなる意識の熟成も必要。
○水都大阪2009で培われたまちづくりへの参加に意欲的な市民・NPO・企業家等のアイデア・エネル
ギーを反映する『プラットフォームづくり』が必要。
③アーティストと市民の
多種多様な交流ネットワーク
○水都大阪2009で生まれたアーティストやサポーターのネットワークやアートの持つポテンシャルを、
今後のまちづくりに継続的に活かしていくための仕組みが必要。
④賑わい空間の形成
○水辺と街を一体的な空間として賑わいをつくるには、府と市、河川と公園などの行政管理境界を越え
た横断的な取り組みが必要。
○水辺空間の利活用について、地域や民間事業者による自発的な活動を誘導するために、スムーズ
な許認可、水辺の公共空間利用における基準やルールの明確化、体系的な情報提供、基本インフラ
の整備(電源、サイン等)が必要。
⑤まちづくりに関わる
モデル・仕組みの創出
○今回得られた公共空間を活用したまちづくりのノウハウ・仕組みは、主催者個人にストックされるので
はなく、大阪全体が共有する財産として活用することが重要である。
(「公共空間利活用マニュアル」「河川空間における与信整理集」など)
(出典)2010年2月12日 第16回水都
大阪2009実行委員会配布資料より抜粋
これらの課題を踏まえて、水と光のまちづくり構想を策定
3
3.水と光のまちづくりコンセプト ①
水都を演出する
美しいデザイン
の創出
大阪都心部は秀吉の時代以降、多くの堀川が開かれ、川沿いに次々と新たなまちが生み出されていった。
江戸期に15本の堀川が開かれ、大阪独自の美しい水都の風景を形成した。近代に入り、一部の堀川は
埋め立てられたものの、大川・道頓堀川など、新たな水辺の景観を形成している。
また、大阪は国内で初めてイルミネーションを実施した内閣勧業博覧会等、歴史的に先進的な光のまち
づくりを進めてきた地域でもある。こうした水都の景観や光のまちづくりにさらに磨きをかけ、水都を演出
する美しいデザインを形成する。
また、幾度なく受けた水害や震災経験を活かし、安心・安全と美しさを両立したデザインを形成する。
【水都を演出する美しいデザイン(イメージ)】
① 昼夜に応じ姿を変える風景
②安全・安心のデザイン
③ 季節に応じ姿を変える風景
④ 舟が行きかう風景
⑤ 絵になる水辺とまちなかの風景
⑥ 地域の個性に応じた景観
4
3.水と光のまちづくりコンセプト ②
まちを使い
魅せるひとびと
の育成
大阪は水運を資本として発展する中で、川とともに生きる知恵を育んできた。また、先進的に夜景の演
出に取り組んできた姿勢は、見る人を楽しませようとする、大阪人のもてなしの心の表れと言える。これ
らの商人文化を源泉とするもてなしの心や町人橋に代表される市民協働の姿勢は現在も継承されてい
る。
こうした川と生きる知恵、もてなしの心を継承し、 「水都大阪」の歴史と文化に自負と愛着(シビックプラ
イドを持ちながら、まちを賢く使いこなすひとびとを生み出すまちとなる。
【まちを使い、魅せるひとびと(イメージ)】
①まちの賑わいをつくりだす人々
② まちを愛し、水都を守る人々
③ 水を知り尽くした水都の職人
④ 水の怖さを心得、水際を楽しむ人々
⑤ まちに彩を与えるアーティスト
⑥ まちを愛する人の「輪」
5
3.水と光のまちづくりコンセプト ③
水都の魅力を体験
できる物語づくり
日本の水運の要衝として栄えてきた大阪の水辺は大いに賑わった場所であった。人・もの・金が集まる
ことで、上方文化など独自の文化を形成してきた。
また、近代になり大阪が創り上げてきた先進的な光の景色は、今や大阪を代表する文化となっている。
こうした大阪人が創り上げてきた伝統や文化を、現代の都市にふさわしいよう演出し、水都の魅力を
体験できる物語のあるまちをつくる。
【水都の魅力を体験できる物語(イメージ)】
① 水都の歴史がつなぐ物語
② 水辺がつなぐ物語
③ 光がつなぐ物語
④光が映し出す歴史の物語
⑤ ライフスタイルが生み出す物語
⑥ 出会いが生み出す新たな物語
6
4.水質の現状
COD 3.6
COD 5.2
BOD 1.1
BOD 2.0
COD 4.9
水の回廊の水質は改善され、
淀川の水質に近付いている。
今後も水の回廊への流入源で
ある寝屋川流域各市での水質
保全の取組と連携しながら、
下水道設備の充実や、地域
住民の水質保全活動の推進を
図る必要がある。
BOD 1.6
7
5.水都の歴史・文化・資源(水の回廊周辺)
候補
・広い敷地に放送局や国際会議場、サテラ
イト大学院などの新しい都市機能を持った
中高層の建築物の整備が進み、現在の大
阪が際立つエリア
・水陸の拠点、歴史と今をつなぐ交流点、
水都大阪の東玄関
・豊かな水と緑、都市の発展を今に伝える
歴史的建造物及び文化財・史跡が多数
・広がりのある河川空間と、川沿いの花・緑豊か
な公園
・歴史を感じさせる建築物や構造物と、新しい高
層住宅群やビルなどとが調和したエリア
・旧居留地など大阪発展の礎となった地
・大阪の食文化を支える大阪中央卸売市
場をシンボルに持つ海に開かれた中之島
の西玄関
・左岸では都心型マンション開発が目立つ
・阪神なんば線の開通により更なる賑わい
が期待されるエリア
・歴史的・文化的な雰囲気のあ
るまちなみな
・多くの人々が行き交う、見通し
のよい空間である「大通り」
・都心でのまとまった水と緑の空間
・放送局や新聞社など情報発信機
能も集積
・阪神高速に覆われ、住宅と小規模
事業所が集積するエリア
・周辺には近代を代表する橋や建
築物が集積
・東部は御堂筋の南の起点、世界を代表する芝居町。周辺は大阪随一の賑
わいエリア
・川沿いの遊歩道とともに華やかな夜景が大阪のシンボルにもなっている
・西部は解放感のある広がりをもつ川沿いに住宅、業務が混在するエリア
8
6.水都大阪の新しいシンボル空間づくり
中之島東部エリア
中之島西部エリア
・水都に纏わる歴史・文化・芸術など
の地域資源や、水辺の魅力ある空間
を活かした日常、非日常の生活の中
で水都を愛するライフスタイルを定着
させるポテンシャルの高いエリア
大川・桜之宮エリア
【ポテンシャル】天満橋駅、北浜駅、
なにわ橋駅、淀屋橋駅、中之島公
園、南天満公園、天満橋港、八軒
家浜、キャッスルホテル、シティーモ
ール、遊歩道、川床、水辺空間
【ポテンシャル】中之島駅、阿波座駅、
福島港、大阪国際会議場前港、リーガ
ロイヤルホテル、中之島バンクス、ほ
たるまち、中之島四丁目開発、大阪国
際会議場、江之子島アートセンター、
大阪中央卸売市場
【ポテンシャル】桜ノ宮
駅、OAP、桜ノ宮公園
、OAP港、艇庫、ふれ
あいの水辺
安治川エリア
大阪城公園エリア
【ポテンシャル】
西九条駅、安治川トンネル、
倉庫跡、居留地跡、中央卸売
市場
【ポテンシャル】本町橋船
着場、東横堀川水門、東
横堀川河岸公園、シティ
プラザホテル
桜島エリア
【ポテンシャル】
桜島駅、ユニバーサルシ
ティ駅、USJ、ユニバー
サルシティポート、
【ポテンシャル】大阪ビジ
ネスパーク駅、大阪城公
園駅、大阪城公園、大阪
城港、OBP、大阪城ホー
ル、水辺遊歩道
本町橋エリア
【ポテンシャル】
弁天町駅、オーク21、
弁天埠頭、商業施設
弁天町エリア
【ポテンシャル】ドーム前駅
、ドーム前千代崎駅、大正
駅、千代崎港、岩崎港、大
阪ドーム、水辺遊歩道、商
業施設開発
大阪ドーム周辺エリア
【ポテンシャル】なんば駅、
日本橋駅、港町船着場、
太左衛門船着場、商業施
設、とんぼりリバービュー
ウォーク、港町リバープレ
イス
道頓堀エリア
【ポテンシャル】
大阪港駅、旅客ターミナル、
旧サントリーミュージアム、
商業施設、天保山公園、海
遊館、
天保山エリア
北加賀屋エリア
【ポテンシャル】
北加賀屋駅、造船所跡地、
工場跡地、空き物件のアー
ト活用
9
6.水都大阪の新しいシンボル空間づくり
水の回廊の回遊性向上
10
6.水都大阪の新しいシンボル空間づくり
夜間景観の形成
11
6.水都大阪の新しいシンボル空間づくり
民間開発等
12
7.水都大阪、四季のイベント
恒例イベントの実施
水都に纏わる歴史・文化・芸術などの
地域資源や水辺の魅力ある空間を
活かしたイベントの実施により、非日
常の水都のライフスタイルを定着させ
る。
13
7.水都大阪、四季のイベント(春)
14
7.水都大阪、四季のイベント(夏)
15
7.水都大阪、四季のイベント(秋)
16
7.水都大阪、四季のイベント(冬)
17
8.構想の検討組織
■構想の検討組織
■関連組織
水都大阪推進懇話会
水都大阪推進委員会(平成22年4月設立)
水都大阪推進委員会
○委員長
大阪市副市長
北山 啓三
○委員
大阪市ゆとりとみどり振興局長
大阪市計画調整局長
大阪市建設局長
大阪府府民文化部都市魅力創造局長
大阪府都市整備部河川室長
公益社団法人関西経済連合会専務理事
大阪商工会議所専務理事
社団法人関西経済同友会常任幹事兼事務局長
財団法人大阪21世紀協会執行理事兼事務局長
財団法人大阪観光コンベンション協会理事長
経済産業省近畿経済産業局総務企画部長
国土交通省近畿地方整備局企画部長
国土交通省近畿運輸局企画観光部長
独立行政法人都市再生機構西日本支社副支社長
阪神高速道路株式会社環境景観室長
光のまちづくり企画推進委員会委員長
水辺のまちづくり企画推進委員会委員長
野々村 節子
北村 英和
西尾 誠
新井 純
辰谷 義明
川邊 辰也
灘本 正博
斉藤 行巨
佐々木 洋三
水本 敏一
中村 稔
大塚 俊介
森 宏之
瀧 一三
中坪 周作
北野 剛人
山田 一信
○アドバイザー
大阪府立大学学長・理事長
大阪市立大学准教授
滋賀県立大学准教授
大阪府立大学教授
滋賀大学理事
奥野 武俊
嘉名 光市
近藤 隆二郎
橋爪 紳也
室井 明
※メンバーは、平成23年6月28日現在
水都賑わい創出実行委員会
水辺のまちづくり企画推進委員会
光のまちづくり企画推進委員会
18
9.構想の検討経過
アドバイザー意見
学識者 5名
水都大阪推進委員会
水都にぎわい創出
プロジェクト
国,府,市,経済界
関係者ヒアリング
府民・市民意見公募
担当者会議
委員が指名する担当者 17名
ワーキング
・都市デザイン
・ライフスタイル形成
・ブランド発信
6名
7名
13名
【委員会の検討内容】
○第1回委員会 平成22年4月13日(火)
委員会規約設置、委員長・副委員長等の選出、水都大阪2009剰余金の受入れ、平成22年度事業計画・収支予算等について審議・決定
○第2回委員会 平成22年6月25日(金)(書面表決)
水都大阪ロゴマーク決定
○第3回委員会 平成22年9月22日(水)
役員変更による規約改正、恒常的な水辺のにぎわい創出活動支援事業及び水と光のまちづくり構想第一次取りまとめ内容を審議
○第4回委員会 平成22年12月22日(水)(書面表決)
水と光のまちづくり構想ワーキング・グループの設置
○第5回委員会 平成23年3月31日(木) (書面表決)
22年度事業報告、22年度決算見込、23年度事業計画、23年度収支予算、恒常的な水辺のにぎわい創出活動支援事業を審議
水と光のまちづくり構想第二次取りまとめ報告
○第6回委員会 平成23年5月31日(火)
22年度決算、委員変更による規約改正を審議、決定水と光のまちづくり構想の取りまとめに向けて意見交換
○第7回委員会 平成23年6月28日(火)
23年度収支補正予算審議。水と光のまちづくり構想(案)審議
19
ダウンロード

水都大阪 水と光のまちづくり構想(案) 資料編