Title
Author(s)
Citation
Issue Date
URL
[書評] 佐川徹著『暴力と歓待の民族誌 -- 東アフリカ牧畜
社会の戦争と平和』
佐藤, 章
アジア経済 53.5 (2012.9): 111-115
2012-09
http://hdl.handle.net/2344/1174
Rights
<アジア経済研究所学術研究リポジトリ ARRIDE> http://ir.ide.go.jp/dspace/
書
佐川徹著
評
境付近に居住するダサネッチも,
「敵」と分類され
る特定の近隣集団とのあいだで,幾度もの激しい戦
『暴力と歓待の民族誌――東ア
フリカ牧畜社会の戦争と平和――』
いを繰り広げてきた。
本書での再構成によれば,たとえば,1950年代後
半から60年代半ばにかけてはトゥルカナ
(Turkana)
とのあいだに4度にわたりとくに大きな戦いが起こ
り,ダサネッチ側が数百人のトゥルカナを殺害し
昭和堂 2011年 xvi+437+xxvページ
た戦いもあった(137~141ページ)
。1970年代から
90年代初めにかけてはダサネッチとニャンガトム
さ
とう
あきら
佐 藤 章 (Nyangatom)が相互に戦いを仕掛ける「血で血を
洗う抗争」
(166ページ)が繰り広げられた。また,
1970年代から90年代にかけてダサネッチは,ケニア
本書は東アフリカの牧畜社会に暮らす集団である
領内に居住するガブラ(Gabra)に戦いを仕掛け,
ダサネッチ(Daasanach)を対象とし,2001年から
これに介入したケニア警察の要員を殺害したことも
09年にかけての延べ22カ月にわたる現地滞在調査に
あったという(169~173ページ)
。まさに武力紛争
基づき,「ダサネッチと近隣集団の戦争と平和の動
とも形容されるべき強度の暴力が展開されてきたこ
態」を描きだした民族誌である。2009年に京都大学
とがわかる。
に提出された博士学位論文を刊行したものであり,
だが,著者が本書で描きだそうとするのは,この
著者の初めての単著となる。東アフリカの牧畜社会
ような「出来事史」から喚起されるような「戦いに
に関する人類学研究は,日本のアフリカ研究におい
明け暮れる人びと」の姿ではない。東アフリカ牧畜
て活発に調査・研究が進められている領域のひとつ
社会における近年の戦いについては,自動小銃の流
であるが,この領域における優れたモノグラフとし
入の結果として社会が無秩序化ないし崩壊に向かう
て本書にはすでに高い評価が寄せられている(注1)。
徴候だと捉える見解が示されもするようだが,著者
さらに本書に向けられた評価は,人類学の世界から
はこれを「技術決定論的な主張」として斥ける(167
にとどまるものではない。現代政治を専門とする研
ページ)
。むしろ著者の関心は,このような戦いを
究者も選考委員に加わった審査を経て,本書は2012
繰りかえしながらも,ダサネッチとこれら「敵」の
年度の日本アフリカ学会研究奨励賞を受賞している。
集団とのあいだにやがて,共住,共食,相互往来,
このようにディシプリンを越えた意義を有する著
友人関係,婚姻関係といった交流が回復され,集団
作として評価される本書の魅力はどこにあるのだろ
間の平和が回帰する過程に注がれる。このような視
うか。本評では,おもに国家レベルでのアフリカ政
点をとるにあたっての問題意識を,著者は以下のよ
治ならびに紛争研究に携わってきた者の立場から検
うに的確に記す。
討を試みたい。
まず本書の背景と問題意識からみていきたい。東
ダサネッチと近隣集団の成員は,ときに戦場で
アフリカに広がる半乾燥地帯で生業を営む牧畜社会
「敵」として対峙し暴力を行使しあう一方で,自
では,近隣集団間の戦争や家畜の略奪行為が頻繁に
発生してきたことが知られている。近年ではAK-47
分たちの集落を訪れてきた相手集団の成員を
「客」
として歓待し,
友人や家族として迎え入れてきた。
に代表される自動小銃の利用が一般化する傾向にあ
(中略)ダサネッチは今日までまさに「友」にも
り,1度の戦いで数百人に達する死傷者が発生する
「敵」にもなりうる人たちとのあいだに生と死を
事例も報告されている。このような戦いは,家畜や
重ねてきた。そうだとすれば,戦争か平和のどち
放牧地をめぐる対立,社会構造,文化的規範,外部
らかだけを分析対象として取り出し,ダサネッチ
からの武器流入などを一般的な背景として古くから
という集団をその閉鎖的な,あるいは開放的な傾
起こってきたとされるが(22~24ページ),エチオ
向によって特徴付けることは不適切である。彼ら
ピア,ケニア,スーダン(現南スーダン)の3国国
と近隣集団との関係の全体像を明らかにするため
『アジア経済』LⅢ5(2012.9)
111
書
評
には,戦争と平和という二つの現象をともに描き
括される。
ながら,戦争と平和の動態,つまりいかに平和的
本書の問題意識に照らした中核部分は第4章,第
な状態から戦争が起き,その後どのように友好的
5章である。ダサネッチには,
「男らしさ」を示す
な相互往来が回復していくのかという一連の過程
ため男性に戦いに行くことを選択させる文化装置が
を検討し,その動態をうみだす人びとの生きる姿
存在し,現に多くの男性が戦いの経験を有する。し
勢を探ることが必要である(iiページ)。
かし著者は綿密な聞き取り調査を通して,戦いに
行った回数に大きな個人差がみられることと,戦い
本書表題にも表明された「暴力と歓待」をともに
の経験を経て,戦いを忌避するようになり,戦いに
考慮しようとするこの問題意識は,研究史に対する
行かないことを選択した人びとが多数存在すること
批判を踏まえて提起されたものである。1960年代以
を明らかにする。これはダサネッチ社会における戦
降,戦争と平和をめぐる人類学研究が盛んに行われ
争動員が必ずしも全面的なものではないことを示し
てきたが,著者はその研究史を「人文・社会科学一
ている。
般に通底するホッブズ的人間観とルソー的人間観の
そこからさらに著者は調査を深め,自らを「臆病
対立」
(7ページ)の性格を強く有したものと相対
者」と表象する戦争忌避者たちの「非戦」の態度が
化し,そこでの研究はこれらどちらかの人間観を対
集団内で批判の対象となることはなく,他者への強
象社会に一方的に投影し,かつ戦争と平和のどちら
制を嫌うダサネッチの態度傾向に照らして,個人の
かのみに偏った焦点を当てがちであったと批判す
自己決定として尊重されていることを明らかにす
る。これに対して著者は,「戦争と平和は相互に作
る。
「それぞれが自己決定をし,それに依拠した行
用しあう切り離すことのできない連続的な過程」と
為選択をたがいに受容しあう態度」
(245ページ)の
する認識に則り,「戦争と平和の研究が相互に補わ
もとで,
「敵」とダサネッチを分かつ集団間の境界
れること」の重要性を主張するのである(8ペー
は両集団を排他的に対峙させるような絶対的なもの
ジ)。
とはならず,境界を越えて「敵」方の個人と相互往
このような問題意識のもとで,本書では7章構成
で議論が展開される。問題意識を論述した第1章
「序論」に続き,第2章「ダサネッチの概要」では
ダサネッチ社会の生業様式,社会-政治構造,ライ
来,共食,歓待をとりおこなう「個人創発的」行為
が積み重ねられることによって,平和な状態への回
帰が導かれると著者は論じるのである。
以上が本書の概要である。
ここから窺えるとおり,
フサイクル,ジェンダー,社会構成の特徴,近隣集
本書はひとつの集団とそれを取り巻く集団間関係に
団について記される。第3章「国家と集団間関係」
焦点を当てた人類学の専門的モノグラフであるのだ
は,ダサネッチの生成史と国家(エチオピアの歴代
が,人類学にとどまらない,本書がもつ意義につい
政権と一時植民地支配を敷いたイタリア)との関係
て次に評者のコメントを記すことにしたい。
が歴史的に記述され,銃の浸透過程や近隣集団との
そもそも,アフリカの紛争研究において,東アフ
戦いについて,聞き取り調査に基づいた詳細な再構
リカの牧畜社会における戦いは必ずしも研究対象と
成がなされる。第4章「戦争経験と自己決定」では,
して取り上げられてこなかった現状がある。アフリ
ダサネッチの戦場での経験とそれがその後の態度決
カの紛争研究は,1990年代以降の大規模な内戦の多
定に与えた影響が解明され,第5章「横断的紐帯と
発に呼応する形で近年活発に行われてきたが,そこ
境界」では,ダサネッチと近隣集団のあいだの友好
での研究対象は,国家権力をめぐって中央政府が介
関係の背景要因と,戦闘と平和の動態をもたらす動
在する形で展開される紛争にほぼ限定され,おもに
因が分析される。第6章「外部介入と平和維持」で
政治学,国際関係論,国際法などの研究者が中心と
は,集団間の戦いに関して抑止されることが望まし
なって,和平交渉や勢力間関係などの政治的側面の
いとの考えが牧畜社会の側から提起されはじめてい
記述や,紛争解決・平和構築にかかわる国家レベル
ることと,これを受けた地方政府,NGOなどによ
での法制度づくりに関心の焦点が当てられてきた。
る平和維持の取り組みについて最新の情勢が報告さ
首都から遠く離れた辺境地帯に局限され,国家権力
れる。最後の第7章「結論」では本書での議論が総
をめぐる闘争へと発展することがまれだった牧畜社
112
書
評
会での戦いは,おもに人類学者によって日本の学界
ち,2000年代に入ってからは,民主主義やガバナン
でも盛んに報告がなされてきたが,国家や国際関係
スが持続的に機能するための支援を念頭においた,
のレベルに重点を置く紛争研究のアプローチと親和
「国家建設」という思想が紛争後の外部介入におけ
しにくいものであったことはたしかである。
る新たな方針となった。しかし,外部介入者が中長
とはいえ,近年では東アフリカ牧畜社会を対象と
期にわたる支援体制を構築するこの新しい方針のも
する人類学者のあいだから,対象社会で展開されて
とでも,平和の実現が容易でない状況が多くの国に
いる大規模な暴力やそれに伴う難民・避難民の発生
みられるのが現状である。過去20年あまりの経験か
などに直面して,
「紛争抑止」や「平和構築」といっ
ら浮かびあがるのは,本来的に平和構築の「主体」
た紛争研究の問題意識を念頭においた研究報告がな
であるはずの当該国の政府ないし社会が平和に向け
されるようになってきている(注2)。このような新し
た実質的な担い手たりえず,
他方,
あくまで
「支援者」
い方向性は本書の第6章にも窺えるものである。ま
にとどまる外部介入者も平和を実現できないまま関
た,1990年代以降のアフリカでの国家権力をめぐる
与を続けているという,ジレンマに満ちた状況であ
紛争に関しては,冷戦終結に伴う小火器の拡散がひ
る[Jarstad and Sisk 2008; Paris and Sisk 2009]
。
とつの共通の背景として存在するが,東アフリカ牧
このような状況下で,停滞を運命付けられたかの
畜社会での近年の戦いについても,このような背景
ような平和構築の苦難の歩みばかりをみてきた紛争
を共有する事象として捉えようとする視点も提起さ
研究者の目に新鮮に感じられるのが,ダサネッチが
れている[榎本 2011]。さらに,国家権力をめぐる
自発的・内発的に平和に向けた「ポテンシャル」を
紛争に関与する軍事組織が,牧畜民の社会組織や文
有するという本書の問題提起である(18~19, 430~
化を背景として構築された例も比較的早くから報告
431ページ)
。この「ポテンシャル」とは,前述した
がなされている[栗本 1996, 114-128]。これらの研
概要でも言及したとおり,ダサネッチが「個人創発
究動向は,国家権力をめぐって展開される紛争と,
的」行為の積み重ねによって近隣集団との平和を自
東アフリカ牧畜社会で展開されているような「ロー
律的に回復していく過程のなかに見出されているも
カルな」戦いとについては,相互に実際にどのよう
のである。
「個人創発的」であるとは,個人の行為
な関連を有するのかの解明が今後の重要な研究課題
選択の幅が,属する組織や範疇に付随する役割規定
であり,また,両者を区別せず俯瞰的に捉えること
によって事前に狭められることなく,
「各個人がそ
で武力紛争に関する新たな理論的知見が開けてくる
の時々の場面でそれぞれの事情に応じて多様な選択
可能性も存在することを示している。
と決定をおこなうこと」が可能であることを意味し
このような視点に立ったとき,本書には,とくに
ている(90ページ)
。著者は,
「国家なき社会」にお
いま述べた理論的な面に関して,重要な問題提起が
ける戦争を論じた初期の研究の反省に立って登場し
含まれているように思われる。それは,平和構築の
てきた,外部世界からの歴史的影響を重視する研究
実現可能性の鍵を握るのは外的介入なのか,内発的
が,当該社会の内在的・内発的な変化の側面を十分
な取り組みなのかという論点にかかわるものである。
に考慮せず,外部に対して受動的に変化を強いられ
国家権力をめぐって近年アフリカで展開されてき
るかのように描く点を強く批判するスタンスを取っ
た紛争の多くは,特定の勢力の軍事的勝利によって
ている(18ページ)
。そして著者は,戦いにせよ,
終結したいくつかの場合を除き,紛争終結後も国連,
平和への回帰にせよ,ともにダサネッチの内発的な
先進諸国,他のアフリカ諸国などの外部介入者によ
自律性の発露として捉える視点の重要さを主張する
る支援体制のもとで平和構築のための長い苦難に満
のである。
ちた道のりをたどることが多い。アフリカを含め
被介入側である紛争国の政府と社会が「自発的に
1990年代に世界各地で発生した紛争に関しては,可
平和を回復するポテンシャルを有する」という視点
及的速やかに選挙を実施し,平和構築の実質的な取
を明示的にもってはこなかったことを,評者は反省
り組みは選出された政府に委ねるアプローチが当初
を込めてここで認めておきたいと思う。むろん,だ
試されたが,平和構築がうまく進展せず,場合によっ
からといって評者は,本書が強調するような平和に
ては紛争が再燃する事例が相次いだ。この反省に立
向けた「ポテンシャル」が,ダサネッチ以外の集団
113
書
評
や国家にも現に備わっているのだと,現時点で断言
向性によってつくりだされた個人的関係」が,一切
するものではない。
「ポテンシャル」が現に存在す
の制度的な側面を有さない,
「組織」とも「法」と
るものかどうか,言い換えれば紛争後社会の記述概
もまったく無縁のものなのかも議論を呼ぶところで
念として「ポテンシャル」がどの程度有効かどうか
あろう。これに関連しては,
「個人創発性」がどの
は,実証研究のなかで検討されるべきことであると
ような意味で「個人」的なものなのかという論点も
考える。しかしながら評者は,紛争後の平和構築を
浮上してこよう。このように,本書が提起する「ポ
めぐる議論が,先行きの見えないまま停滞しがちな
テンシャル」をめぐっては,とりわけそのありよう
現状を背景として一種の閉塞状況に陥っていると認
と実在性をめぐって今後も議論が必要であろう。
識しており,この意味で,「ポテンシャル」という
ただ,このような留保が付せられるとはいえ,著
言葉に,その閉塞の打破につながる糸口としての力
者が本書で丹念な記述を試みた,
「人びとの他者と
を感じる。
の相互作用に向かう志向性や,その志向性によって
むろん,本書が提示する「ポテンシャル」をめぐっ
つくりだされた個人的関係」は,国家をめぐる紛争
ては一定の留保も必要である。本書の結語で著者は
に関しても今後探究が試みられるべき重要な研究領
次のように述べる。
域であることは間違いない。これを実際の研究に活
かす方法としては,おもに制度構築をめぐって展開
これまで「国家なき社会」が秩序を維持する多様
されてきた近年の平和構築や国家建設をめぐる研究
なあり方を示してきた人類学は,組織や法に還元
では必ずしもすくい取られてこなかった,個人が織
されない,アナーキーの中から秩序をうみだす人
りなすミクロな政治に焦点を当てる研究が考えられ
びとの営みを探究し,それこそを地域社会が有す
る。
「組織」や「法」が,国家レベルの問題を考え
る平和のポテンシャルとして強調していく必要が
るうえでは無視できないことは大前提であるが,だ
あるだろう。筆者が第6章で,年長者の集合的権
からといって「組織」と「法」がその下にあるすべ
威などではなく,人びとの他者との相互作用に向
ての個人から一切の「個人創発性」を剥奪し,人び
かう志向性や,その志向性によってつくりだされ
とを常に闘争へと駆り立てるシステム的な牢獄であ
た個人的関係こそを平和維持に資する力として言
るわけではない。これまでの紛争研究が,個人の織
及したのは,そのためである(431ページ)。
りなすミクロな政治を十分に可視化してこなかった
ことを反省し,新たな研究対象としての可能性を探
この結語において著者は,「組織や法に還元され
ることは,われわれ紛争研究に携わる者にとっての
ない,アナーキーの中から秩序をうみだす人びとの
新たな課題であろうし,その課題をわれわれに投げ
営み」を「平和のポテンシャル」として強調する。
かけたのが本書に他ならない。
この主張は端的には,「組織」や「法」,さらには社
以上本評では,平和構築の外生性と内発性という
会制度に下支えされた既存の「権威」などが,秩序
論点にしぼり,本書が提起する視点のもつ可能性に
や平和を維持するうえで限界をもつことを前提に展
ついて検討してきた。浩瀚な内容をもつ本書には,
開されている。これまでの紛争研究において,平和
このほかにも,国家との関係構築において周辺地域
構築を模索するなかで提起されてきた「法の支配」,
であることのもつ意味(第3章)
,
「民族のハード
「ガバナンス」
,
「政府の正統性の確立」といった観
化」モデルをめぐる批判的検討(26~29, 300~303
念が,例外なく「組織」,「法」,「権威」を問題にし
ページ)
,
民族間の境界形成に関する理論的考察
(341
てきたことを考えると,著者の主張には先行研究に
~355ページ)など,本評で取り上げられなかった
対する痛烈な批判が内包されている。
興味深い論点が数多く盛り込まれている。平易で熟
著者のこのような主張に対して,
「国家なき社会」
達した文章を通して書き記される,「戦争と平和」
はいざ知らず,近代国家における社会を考えるうえ
に関するダサネッチの人びとの振る舞いや語りは読
でもこのような「ポテンシャル」が存在しうるもの
み物としても魅力的である。意欲に満ちた優れた民
かとの疑問は当然に提起されるであろう。また,
「人
族誌の刊行を祝福して,本評を終えたい。
びとの他者との相互作用に向かう志向性や,その志
114
書
(注1)たとえば,「東アフリカの牧畜社会を研究す
る者にとって,本書は比較民族誌的記述の新たな基準
となるだろう」[曽我 2012, 52]との評価がある。
(注2)最新の例として,日本アフリカ学会第49回
学術大会(於国立民族学博物館)での口頭報告(2012
評
栗本英世 1996.『民族紛争を生きる人びと――現代アフ
リカの国家とマイノリティ――』世界思想社.
曽我亨 2012.「書評 佐川徹『暴力と歓待の民族誌――
東アフリカ牧畜社会の戦争と平和――』」『アジア・
アフリカ地域研究』第11-1号 49-53.
年5月26日)である湖中真哉「携帯電話による平和構
築――東アフリカ牧畜社会の事例――」と曽我亨「難
<英語文献>
民の生存を可能にする新たな経済活動――南エチオピ
Jarstad, Anna K. and Timothy D. Sisk eds. 2008. From
アにおける複数の民族が従事するラクダ交易――」が
War to Democracy: Dilemmas of Peacebuilding.
Cambridge: Cambridge University Press.
ある。
Paris, Roland and Timothy D. Sisk eds. 2009. The Di-
文献リスト
lemmas of Statebuilding: Confronting the Contradictions of Postwar Peace Operations. London and
<日本語文献>
New York: Routledge.
榎本珠良 2011.「書評 佐川徹『暴力と歓待の民族誌――
東アフリカ牧畜社会の戦争と平和――』」『アフリ
(アジア経済研究所地域研究センター)
カ研究』No.79 50-52.
115
ダウンロード

Title [書評] 佐川徹著『暴力と歓待の民族誌 -- 東アフリカ牧畜