GPとCAINの比較
GPデータをCAINのデータに変換
GPのデータには、
Energy(-はe-, +はe+を意味する), beta_x, beta_y, beta_z, x, y, z
があり、
Px = absP×beta_x / beta
Py = absP×beta_y / beta
Pz = absP×beta_z / beta
absP=sqrt(Energy^2 – Me^2), Me=0.5MeV
beta = sqrt(beta_x^2 + meta_y^2 + beta_z^2)
とし、位置は原点とした。
Enegy distribution
CAIN
Px distribution
GP
GPの方がCAINよりも広がっているようにも見えるが…
CAIN
GP
Geometryの変更
Z=450cmにOptional Detectorを入れて
ある。Z=405~430cmにあるCH2MASKと
Z=430~450cmにある BCALを取り除く。
No BCAL
No CH2MASK
本来はBeam PipeがCH2MASK
の前でR=5.0~16.2cmまで覆う。
本来の
14mrad IR
Result of GP and CAIN data
Pairs directed into extraction
beamline [%]
80
70
60
50
40
30
GP 36mm phi
GP 26mm phi
CAIN 36mm phi
CAIN 26mm phi
20
10
0
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
0.05
Andrei optimization
CAINとGPの間で違いが見られない。
Anti-DID fieldの確認
QmagnetのところからIPに向けてe-(e+)を打って、IPに置いたOptional
Detectorで運動の方向を確認する。
ダウンロード

GPとCAINの比較 GPデータをCAINのデータに変換