中心静脈カテーテルの
挿入準備と管理
平成21年5月25日
東病棟7階
四宮広美
目
的
1.中心静脈カテーテル法の目的が理
解でき、患者の安全に留意しバリアプ
リコーションを遵守した挿入介助がで
きる。
2.中心静脈カテーテル法に伴う合併
症が理解でき、観察と管理ができる。
目
標
1.中心静脈カテーテル法の目的が理解できる
2.必要物品が準備できる。
3.バリアプリコーションを遵守した挿入介助
ができる。
4.挿入に伴う合併症が理解できる。
5.観察と管理のポイントが分かる。
適
応
・末梢血管からは投与できない高濃度
の輸液(高カロリー輸液など)を投与
する場合。
・緊急時などで末梢静脈の確保が困難
な場合。
・手術やICUなどでCVP(中心静
脈圧)などをモニタリングする場合。
禁
忌
・血栓を形成している静脈への穿刺。
・出血傾向が強い場合。
選択される穿刺血管
・長期留置時には一般的には右鎖骨下静脈
(穿刺が難しい場合などは左鎖骨下静脈)
・内頚静脈(手術時の第一選択)
・外頚静脈
・上腕尺側皮静脈
・大腿静脈
患者へのオリエンテーション
1・同意書が必要
2・事前に挿入時の手順と概要を説明
する。
*処置中に動くことは危険。
*痛い時は手を動かさず声で知らせる。
*医師の声かけに合わせ息を止めたり、顔
の向きを変えたりする。
*事前に排尿は済ませておく。
起こりやすい合併症とその対策①
・気胸:穿刺時に誤って肺などを刺すことによ
り起こる。
(症状)胸痛、背部痛、咳そう、呼吸困難
穿刺側の呼吸音減弱~消失
酸素飽和度の測定、必要時酸素吸入
必要時胸腔ドレーン挿入準備
・皮下気腫
*必ず胸部X線撮影でカテーテル先端の位置を
確認する。(先端が第2肋間、気管分岐部の辺
り)
起こりやすい合併症とその対策②
・血胸、皮下血腫
穿刺時に誤って血管を損傷することにより起こる。
穿刺部位からの出血、動脈血の逆流
医師による圧迫止血
・不整脈
カテーテルで心臓が刺激されることにより起こる
動悸や不整脈、呼吸困難
一時的であることが多いため様子観察
その他の起こりやすい合併症
・動脈穿刺
・空気塞栓
・胸管損傷
・神経損傷
・位置異常
・カテーテル遺残
・血栓形成
・抜去
・カテーテル破損、閉塞
・敗血症
・輸液の血管外漏出
・静脈壁穿孔
・感染
・血栓
必要物品の準備
・中心静脈カテーテルセット
(シングルルーメン、ダブルルーメン、トリプルルーメン、
14G~18G、20cm~70cm)
・局所麻酔薬(1%キシロカインポリアンプ)
・注射器(10ml、20ml)
・注射針(18G、23G)カテラン針(23G又は21G)
・生理食塩水(20ml)
・ヘパリン生食
・絹糸(2-0)
・眼科用セーレまたは外科用クーパー
・持針器、外科用針セット
・覆布
・穴あきシーツ、処置用シーツ
・ガーゼ
・消毒液
・固定用テープ
体
位
・ベッドの場合は柵を外し、高さを調節する。
・膝に枕やタオルケットなどを入れ軽く頭部
を下げる(トレンデンブルグ体位)
・患者の顔は軽く穿刺側と反対側に向ける。
・不必要な露出は避ける。
・体の下に処置用シーツを敷き込む。
挿入準備
処置時のポイント
・マキシマルバリアプリコーションを
遵守する。
*医師:マスク、帽子、滅菌ガウン、滅菌手袋
*看護師:マスク、帽子、手袋
*患者:覆布や穴あきシーツにて全身を覆う。
・処置の手順を把握しておく。
・処置の進行に合わせ患者に声をかける。
・挿入中の患者の様子を観察し、合併症の早
期発見に努める。
挿入介助
①皮膚消毒と滅菌布での覆布
・事前にシャワーをするか消毒範囲を清拭する。
・鼠径部の場合は必要時除毛する。
・顔と滅菌覆布の間に空間ができるように配慮。
・穿刺部位を中心に広範囲に消毒を行う。
・ポピドンヨード液は消毒後十分乾燥させる。
挿入介助
②局所麻酔と試験穿刺
・疼痛などの異常を感じた時は声を出し
て知らせるよう説明する。
・適宜進行状況を患者に知らせる。
・顔面に近い操作であり、恐怖のため
清潔野に患者が触れてしまうことが
ある。
看護師が声をかけたり、患者の手に触
れていることは有効である。
挿入介助
③本穿刺
・呼吸困難、咳そう、動悸の出現に注意する
・内針を抜去するタイミングで患者に息を
止めてもらう。
カテーテルを2~3cm挿入したら呼吸を再開
してもよいことを伝える。(通常Drが行う)
・穿刺後患者の顔を楽な方向へ戻す。
*穿刺中に起こりやすい合併症は、気胸と不整脈であ
る。息を止めてもらうことで血管内への空気の引き込
みを予防する。
カテーテルの固定
・カテーテル挿入後絹糸で皮膚に縫合し固定する。
・出血の有無など刺入部の観察後異常がなければ固定
する。
・刺入部の観察が容易であるフィルム型ドレッシング
材を用いる。
・IV3000などは通気性に優れているため、
ドレッシング材の四方全てをテープで固定しない
方が望ましい。
・刺入部から浸出液や出血がある場合はパッド
付きフィルム型ドレッシング材が便利である。
X線撮影と点滴接続
・固定後、カテーテル先端位置を確認
するために胸部X線撮影を行う。
・X線撮影にて異常がなければ医師の
指示に基づき、点滴を接続し開始する。
・点滴ミキシング時や点滴ライン接続
時には無菌操作で行う。
カテーテル留置後のポイント
・カテーテル留置後の日常生活での注意点につ
いてオリエンテーションを行う。
*シャワー浴、外出、外泊、血液逆流予防
感染対策など
・ADLへの影響は最小限にする
*輸液ラインの長さを調節し、引っ張られる
ことがないように、刺入部だけでなく衣類
などに固定しておくと事故抜去予防になる。
カテーテル挿入部のケア
~ドレッシング材の選択~
・カテーテル挿入部を覆うために滅菌ガーゼ、
もしくは滅菌半透過性ドレッシング材を使
用する。
・著明な発汗や出血、浸出液がある場合は
ガーゼが望ましい。
カテーテル挿入部のケア
~ドレッシング材の交換頻度~
・フィルムドレッシング材
定期的な交換は7日毎に行う
・滅菌ガーゼ
定期的な交換は2日毎に行う
*出血や浸出液、発汗などで汚染した場合はそ
の都度交換。
ガーゼ保護の場合で挿入部の観察が必要な場
合も交換。
カテーテル挿入部のケア
~ドレッシング材交換時の注意点~
・挿入部の観察をする
カテーテルの固定糸が緩んでないか
発赤、浸出液、疼痛、臭気、テープかぶれの有無
カテーテルの抜去、感染の兆候の有無
・スタンダードプリコーションの遵守
手指衛生後、手袋の着用
無菌操作
・消毒は広く行う
刺入部、カテーテル、縫合部
消毒は2回以上行う
消毒液は十分乾燥させてからドレッシング材を
貼る。
輸液ラインの交換頻度
・CDCガイドラインによると、
72~96時間毎に交換する
(48時間毎の交換よりも安全とされ
ている)
・血液製剤や脂肪製剤を使用した輸液ライン
は輸液開始から24時間以内に交換する。
・三方活栓はできれば中心静脈ラインには
組み込まないことが望ましいが、必要時
は閉鎖式のものを使用する。
TPN開始に伴う合併症の観察
・輸液速度を指示通りに調整する。
(TPNが急速な速度で投与されると
血漿浸透圧が上昇し、浸透圧利尿
や高血糖が起こる。)
・水分バランスを観察する。
(INとOUTの計算と定期的な体重測定)
・電解質、血糖、蛋白、脂肪代謝に関する
検査データに注意する。
ヘパリンロック
①クランプ後、輸液セットを連結部で外す。
②清潔操作でヘパリン加生食を注入する。
③血液が逆流しないように軽く圧をかけたま
ま、クランプし注射器を外す。
④閉塞式でない場合先端にキャップをする。
⑤必要時先端をガーゼで保護し固定する。
記
録
・カテーテルの種類、太さ、挿入した
長さ(固定位置)、挿入箇所
・挿入中、挿入後の患者の状態や刺入
部の観察事項
・X線写真結果など
ダウンロード

中心静脈カテーテルの 挿入準備と管理