CMIP5気候モデルにおける三陸
沿岸のSSTの再現と将来予測
児玉安正・Ibnu Fathrio・佐々木実紀
(弘前大学大学院・理工学研究科)
温暖化後のヤマセの予測
気候モデルに
よる予測
大気
海洋
生態系
力学的ダウンスケーリング
東北地方の
ヤマセの温暖
化影響予測
Hiatus(空白、休止状況)
(気温上昇の停滞状況)
モデル民主主義の限界?
図1: 全球平均地表気温の1960年から2030年までの変化。
黒線は2012年までの観測値(英国ハドレーセンター作成の地
表気温データセットにもとづく)、青線と赤線とそれぞれの陰影
は、CMIP3とCMIP5の気候モデル群による平均値とそのばらつ
きを表している。2つの気候モデル群は、2000年頃までは観測
される気温の長期変化傾向をよく再現していましたが、最近の
10年ほどは温暖化傾向を過大に再現していることが分かりま
す。
渡部 雅浩(CCSR、Univ.of Tokyo)
CMIP5で用いられる中分解能の海洋モデルでは,黒潮の再現が不十分
MIROC4h
海洋モデル分解能
0.28°(経度)x0.19°(緯度)
Eddy resolving
CMIP5モデル
MIROC5
海洋モデル分解能
1.4°(経度)x
(0.4~1.4)°(緯度)
JCOPE2 July2011
三陸沖の海面水温(SST) 温暖化実験(RCP4.5 2006~2035)
高分解能のモデル(MIROC4h)は観測に近い結果を示す。
MIROC5は観測値よりも3℃低い
三陸沖 SST(40N-41N 141E-142E) 6~8月
観測事実
観測されるヤマセ時の日平均気温の下限は沖合のSSTに規定される
気温(八戸)
沖合の水温
ヤマセ吹走
期間
Kodama、1997
平均気温と沿岸水温の将来予測(6~8月)
MIROC3
MIROC5
15個のCMIP5の20世紀runと21世紀温暖予測実験結果を比較
温暖化シナリオ:RCP4.5
CMIP5 放射強制力
シナリオ
CMIP3 CO2
排出量シナリオ
RCP4.5 570ppm
CMIP3/A1B 680ppm
解析に用いたCMIP5モデルとアンサンブルメンバー数
Model
Institution
code
ACCESS1.3
CSIRO-BOM (Australia)
acc
CCSM4
Canadian Centre for Climate Modeling and
Analysis (CCCMA)
National Center for Atmospheric Research
CESM1-CAM5
NCAR (USA)
CanESM2
CNRM-CM5
CSIRO
GFDL-ESM2G
GFDL-CM3
GISS-E2-R
Centre National de Recherches
Meteorologiques / Centre Europeen de
Recherche et Formation Avancees en
Calcul Scientifique (France)
CSIRO Atmospheric Research (Australia)
Geophysical Fluid Dynamic Laboratory
(USA)
Geophysical Fluid Dynamic Laboratory
(USA)
NASA Goddard Institute for Space Studies
(USA)
can
ccs
ces
csi
gd1
gd2
gis
Met Office Hadley Centre (UK)
had
IPSL-CM5A-LR
Institut Pierre-Simon Laplace (France)
ips
MIROC5
MRI-CGCM3
MPI-ESM-LR
NorESM1-M
Norwegian Climate Centre (Norway)
2/1
1/1
5/5
5/5
3/3
3/3
3/3
2/2
5/1
5/5
3/1
3/2
1/1
1/1
5/1
3/1
5/5
3/3
3/2
2/2
5/4
3/3
4/3
5/1
3/2
3/1
3/3
3/3
3/1
3/1
cnr
HADGEM2-ES
Atmosphere and Ocean Research Institute
(The University of Tokyo), National
Institute for Environmental Studies, and
Japan Agency for Marine-Earth Science
and Technology
Meteorological Research Institute (Japan)
Max Planck Institute for Meteorology
(MPI-M)
Number of ensemble members (past/future)
SST
Vertical temperature profile
mrc
mri
mpi
nor
参照領域と
各モデルのSST(historical/future)
REG.1
REG.2
REG.3
July
2001-2010
観測(ERA-I 再解析データ)
July
2031-2040
SST Anomaly
from CMIP5 climate
July 2001-2010
海面水温のモデル気候値からの偏差(現在)
モデル気候値
SST Anomaly
from CMIP5 climate
July 2031-2040
海面水温の偏差(温暖化後)
モデル気候値
海面水温と海上気温の関係(現在)
SST-AirTemp
八戸沖
July 2001-2010
観測:再解析データ
海面水温と海上気温の関係
SST-AirTemp
八戸沖
July 2031-2040
海上気温偏差(現在気候)
Air-temp. Anomaly
from CMIP5 climate
July 2001-2010
モデル気候値
海上気温偏差(温暖化後)
Air-temp. Anomaly
from CMIP5 climate
July 2031-2040
モデル気候値
海上気温ー海面水温(SST)
(観測:ERA-I再解析)
Air-temp - SST
Air-Temp – SST
July 2001-2010
海上気温ー海面水温(SST)(現在気候)
観測(ERA-I 再解析データ)
Air-Temp – SST
July 2031-2040
海上気温ー海面水温(SST)(温暖化後)
まとめ
• 海洋モデルの分解能は、三陸沖の黒潮や親潮,あるいは冷水渦や暖水
渦の状況を解像するには不十分である。
• 15個のCMIP5モデルの、現在気候再現実験と将来予測実験(RCP4.
5)結果を,2001-2010, 2031-2040の2期間について解析した。
• 八戸沖の水温は、モデル間でばらつきが大きく8℃にも及ぶ(現在気候,
将来気候とも)。
• モデルの再現実験のSST分布に見られる‘くせ’は,温暖化後にも残る傾
向がある。
• 観測値やモデル気候値(モデルアンサンブルの平均値)に比べて、MIR
OC5は三陸沖の水温を低く再現する傾向が強い(現在気候,将来気候と
も)。MRI-CGCM3は観測値やモデル気候値に近い。
ダウンロード

- 東北大学大学院理学研究科 流体地球物理学講座