LaserVault Backup
IBM i のデータをPCサーバーへ保
セキュアで効率的なPCサーバーへのバックアップ
管!
IBM i バックアップの課題
バックアップ対象データの増大
テープ交換オペレーション
バックアップの長時間化で
ビジネスに影響
メディアのコスト
遠隔拠点のバックアップと災害対策
世代管理
LaserVault Backupで解決!
LaserVault Backupは、IBM i 向けD2D(Disk to Disk)バックアップソリューションです。
IBM i のファイルのバックアップをPCサーバーのディスク上に取得しますので、極めて安価に、かつ
高速にバックアップを取得することができます。
■テープが不要です
■簡単です
IBM i のデータはPCサーバーのディスク上に保管。
テープ交換オペレーションから開放されます。
OSの保管・復元コマンドとほぼ同様のコマンドおよび
オプションを使用しています。
SAVLIBコマンド→SAVLIBLV
■強力なデータ圧縮
■暗号化による保護
平均1/2~1/10程度に圧縮可能。
保管先PCサーバーのディスクを有効活用できます。
(ファイルの種類により圧縮率は変動します)
PCサーバーへの保管データはAES256により
暗号化が可能。大切なデータを保護します。
■容易な世代管理
■災害対策もOK
バックアップデータは世代ごとに管理され。
有効期限の設定や自動削除も可能です。
データはIBM i およびPCサーバーの双方から
参照可能です。
IBM iのデータを遠隔地のPCサーバーへ保管、また
PCサーバーへ保管したデータを自動的に遠隔地の
PCサーバーへ転送することも可能。
運用にあわせて構成することができます。
■一時ファイルを作りません
■他媒体への保管
データ保管時にIBM i 上に一時ファイルを作成
しませんので、IBM i のディスクを有効活用する
ことができます。
IBM iのデータをPCサーバーのディスクだけでなく、
外付けUSBディスクやDVDへ保管することも可能で
す。
LaserVault Backup
IBM i のデータをPCサーバーへ保管!
LaserVault Backup 構成
IBM i
LaserVault Backupサーバー
保管
TCP/IP
復元
●災害対策構成
本番機拠点
遠隔拠点
IBM i
LaserVault Backup
サーバー
リモートバックアップ
サーバー
●PCサーバー側 管理画面イメージ
PCサーバー側では管理画面(GUI)が提供され、
各種設定や保管データの確認をすることができます。
・ 保管データ一覧
・ 保管データ内のオブジェクト一覧
・ データサイズ、圧縮率
・ 保管日時、有効期限
など
●動作環境
■ IBM i:V5R4以降
■ LaserVault Backupサーバー
・ Windows Server 2003 / R2 (各Edition) 32bit/64bit
・ Windows Server 2008 / R2 (各Edition) 32bit/64bit
三和コムテック株式会社
東京都港区六本木3-4-3 三和ビル
TEL: 03-3583-2386
e-mail: [email protected]
http://www.sct.co.jp
取扱店
ダウンロード

Document