R3.0 対応
学校危機 支援者ガイド
~学校危機と心のケア~
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
(1)学校危機と心理的影響
ア 学校危機の心理的影響
全国CRT標準化委員会
R2.0 対応
心理的ダメージの構造
※二次被害(②+③)
①喪失
と関係性
②トラウマ
(恐怖体験)
③現実の
ストレス
④元々の課題
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
①喪失(大切な人を失う)と関係性
②トラウマ(恐怖体験)
③現実のストレス(環境の変化)
④元々の課題(発生前からの課題など)
援助資源と(今後の)リスク評価
個人差に注意
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
イ 喪失(大切な人を失う)と関係性
喪失体験
ヒト…(例)大切な人を失う
モノ…(例)家を失う、健康を失う
コト…(例)仕事を失う
ショック、否認、自責、怒り、悲嘆、うつ
トラウマの合併に注意。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
遺族の心理プロセス
葬儀まで 信じられない、茫然自失、「感情が湧かな
い」、気丈に振る舞う、「葬儀が慌ただしく泣けない」
自分の心を守るためのガードと理解
感情の嵐 哀しみ、自責、怒り、恐怖などの激しい
感情が入れ替わる。「発狂するのではないか」
相反する感情を少しずつ処理と理解
ひきこもり
心身が消耗し、次第に元気の無い状態に。
心身の回復の時間と理解
回復 故人の思い出を残しながらも、徐々に故人のいない新し
い日常生活が安定
注意)モデルなので、無理に当てはめないこと
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
正常とは異なる喪のプロセス
●「遺族の心理プロセス」は正常悲嘆の例
●受け入れがたい突然の死(災害、事故、事件、自殺
など)では、病的悲嘆、複雑性悲嘆も。
●「信じられない」状態が続く場合も。
●悲惨な死ではトラウマが合併
●自責や怒りが強く、周囲との関係が壊れ、孤立も。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
喪失(死別)とトラウマとの違い
トラウマ
例)知らない他人が目の前で殺害されるのを目撃
●恐怖の記憶は、もし記憶を消すことができれば解決
●症状は、侵入、回避、過覚醒など
喪失
例)長期入院していた同級生が亡くなる
●記憶を消しても、「その人がいない」という事実
は変わらない。思い出までは消したくない。
●症状は、悲哀、自責、怒り、うつなど
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
ウ トラウマ(恐怖体験)
1)トラウマとは
トラウマは、ある体験がその本人にとっ
てそのときと同じ恐怖や不快感をもたらし
続ける現象(体験)。
すなわち、まるで今もその被害にあって
いるかのような恐怖感を味わい続けている
のがトラウマ。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
二次被害
被害者が、その後の周囲の対応により、
さらに心の傷を深めてしまうこと
二次被害の例
・無理に恐怖体験を聞き出される、現地に連れて行かれる。
・被害者の落ち度があるかのように指摘される。
・被害者が話したいのに、話題をそらされる。
・取材や報道による再被害
・カウンセリングでの再被害
※トラウマだけではなく、現実のストレスを含む。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
参考)単発トラウマと継続トラウマ
単発トラウマ
●1回限りの外傷体験による
例)災害、事件、事故など
継続トラウマ
●1回限りではなく、長期間繰り返される
例)虐待、DV、いじめなど
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
2)トラウマによる症状
トラウマによる症状(狭義)
B 侵入と再体験
C 回避とひきこもり
D 過覚醒と強い不安
※山中に潜む(回避)兵士。常に周囲を警戒(過覚醒)して
いるが、しばしば敵兵に発見されそうになり、恐怖を味わう
(侵入)。
※あるいは、さそりの箱に閉じこめられた囚人。じっと動か
ないで(回避)、いつ刺されるかとびくびくしながら脂汗を
流している(過覚醒)が、刺されて恐怖を味わう(侵入)。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
B 侵入と再体験
今も被害を再体験し続けている状態。本人の意
志に関係なく、記憶が侵入してきてパニックに
なったり(フラッシュバック)、こわい夢が続い
たり、子どもでは事件に関連した遊び(ポスト・
トラウマティック・プレイ)を繰り返すなど。
※子どもが強迫的に遊んでいるのを見て、「元気そ
うにしている」と見間違えることがある。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
C 回避とひきこもり
再体験を避けるためにひきこもった状態。事件
の話題を避け、事件を思い出させるような場所や
人を避けようとする。記憶が曖昧になったり、元
気がなくなったり、ぼーっとしていたりする。生
き生きとした感情が無くなった状態。
※「落ち着いている」と見間違えることがある。子
どもの場合は退行(赤ちゃん返り)がよく見られる。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
D 過覚醒と強い不安
危険が去ったにもかかわらず、全周囲警戒態勢
が続いている状態。何かに怯え、物音などにびく
ついたり、ちょっとしたことで急に怒ったりする。
眠れない。
※子どもがじっとせずに動き回っているのを見て、
「元気そうにしている」と見間違えることがある。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
PTSD(外傷後ストレス障害)
Posttraumatic Stress Disorder
以下の条件を満たす場合、PTSDと診断。
A トラウマ体験への暴露:「恐怖や戦慄」を起こす、
生死に関わるような出来事に直面した。
E 1ヶ月以上持続:B、C、Dの症状が一定以上そろっ
ており、かつ1カ月以上持続している。
F 生活の障害:著しい苦痛を生じるため、しばしば社会
生活に重大な影響が出てくる。
●1カ月以内は「ASD(急性ストレス障害)」と呼ぶ。
●症状がそろっていない場合は「部分PTSD」と呼ぶことがある。
●トラウマの現れはPTSD症状だけではない。
●1~2カ月以降残るトラウマ症状は慢性化の可能性が高くなる。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
トラウマの治療
○無理矢理想起させることは(特に直後は)再被害
につながるが、封じ込めたつもりでも、フラッシュ
バックに悩まされる。
○回避しようとして話そうとしない人が多いが、
1カ月過ぎたら、「この人には話してもいいか
な」と感じてもらえるような関係性が大切。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
ウ 現実のストレス(環境の変化)
学校危機時のストレス
●事件後の校内の混乱
●家庭環境の変化(例:子どもが学校に行け
なくなり、親も仕事に出られない)
●対応する教職員のストレス など
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
エ 元々の課題(発生前からの課題など)
発生前からある課題やハンディなど
●精神疾患や発達の障害
●生きることがつらい(理由は様々)
●最近肉親を亡くした
●過去のトラウマ
○元々余力がない
○反応の現れ方が異なる
○それ自体は緊急支援の対象ではないが…
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
カ 心と体に起こること
症状、反応のまとめ
喪失による反応
・ショック、否認、自責、怒り、悲嘆、うつ
トラウマによる症状(狭義)
・侵入と再体験
・回避とひきこもり
・過覚醒と強い不安
その他の症状・行動
・赤ちゃん返り(子ども)
・体の症状
・うつ症状
・薬物アルコール依存(大人)など
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
心と体におこること(学校危機)
遊び・勉強
遊びや勉強、好きだったこ
とをするのに集中できない
食べる・寝る
食欲がない、な
かなか眠れない
からだ
頭が痛い、お腹が痛
い、体がしんどい
ピリピリ
物音にピクつく、イライラ
する、すぐに腹を立てる
赤ちゃん返り
一人でいるのをこわがる、幼い子
のように甘える、一緒に寝たがる
ぼーっ
ぼーっとしている、
話をしなくなる
強がり
まるで何もなかったかのように普
通にふるまう、急にはしゃぎだす
こわい・不安
こわがりになる、寝ているときにうな
される、こわい夢を見てとび起きる
怒りと悲しみ
自分を責める、
他人を責める
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
(2)子どもへの対応
ア 周りの大人への注意点
R3.0 対応
こころだってケガをする
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
子どもの心のダメージを過小評価しないこと
○「これくらいは誰だって経験する。心のケアなんて必要ない」と考
える。
○トラウマ症状の「侵入」により、子どもが被害に関連した遊びを繰り
返す(ポスト・トラウマティック・プレイ)のを見て「大丈夫だ」と
思ってしまう。
○トラウマ症状の「回避」により、事件の記憶が蘇るのを避けるため、
何も考えず、ぼーっとしているのを「落ち着いている」と見間違える。
○トラウマ症状の「過覚醒」により、全周囲警戒態勢が続いていて、
常に動き回ったりするため、「元気にしている」と誤解する。
○子どもの現実に向き合う心の準備が大人に出来ていないと、大人が
「大丈夫だよな」と先に聞いたり、子どもをしかりつけてしまい、子
どもは大人の不安を察知して、「親や先生に心配させたくない」と考
えて、自分のつらさを隠してしまう。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
被害者を傷つける言葉
×命が助かったのだから良かったじゃないですか。
×どうして本気で逃げなかったの。
×あなたよりもっと大変な人がいるのですよ。
×済んだことは忘れて、これからのことを考えましょう。
×元気を出さないと、亡くなった人が悲しみますよ。
×思ったより元気なので、安心しました。
R3.0 対応
つらい体験についてたずねる時
・可能な限りプライバシーの保たれる場所で聴く。
・子どもの場合、安心できる大人の同席を考える。
・途中で、「このままお話しを続けても大丈夫ですか?」
と確認する。
・同じ質問を今後何度も訊かれなくてすむように工夫
する。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
心のケアのポイント
1.安心・安全の保証
・安全の確保
・守られている、一人じゃない
・学校と家庭が落ち着いている
・危ない、恐いところには近づかなくてよい
・無理の無い範囲で日常生活を維持
2.正しい知識と対処法
・予測される反応と対処法
・異常な事態への正常な反応という理解
3.主体性とペースが守られること
・話したいことを聞いてもらえる
・話したくないのに根掘り葉掘り聞かれない
・自分なりの方法とペースが尊重される
※1カ月以内は「正常な反応」という理解で良い。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
子どもの健康な力を信頼しよう
子どもは一方的に助けてもらうだけの弱い存在ではない。
今はショックを受け、弱っていても、他の子どもを慰め
たり、時には大人を力づけてくれる力を持っている。
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
イ 教職員・支援者のメンタルヘルス
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
教職員・支援者のメンタルヘルス
1)教職員・支援者の受けるストレス
現実のストレス
喪失と関係性
…過労、矢面に立つストレス
…教え子の死
トラウマ …現場に遭遇
代理受傷~二次的受傷
…被害者の話を聴くことで
元々の課題
…元々の持病、最近の身内の死
信頼の喪失
…組織が信頼を失った場合
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
2)教職員・支援者へのアドバイス
①休憩と食事・水分を意識してとろう
②睡眠時間を確保し、不眠が続けば
(お酒に頼らずに)受診しよう
③少し体を動かしてみよう
④誰かに自分の話を聴いてもらおう
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
(3) 学校コミュニティにおける心のケア
ア 教師による適切な対応
イ 校内の専門職による心のケア
ウ 医療機関等での治療
エ 一人ひとりができることを
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
教師を通した間接アプローチ
保護者
応急処置
子ども
教
師
応急処置
専門職
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
学校という「場」を平穏にする
子どもを取り巻く環境
(学校)
子ども
「個」のケア
「場」のケア
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
重症度による違い
・本格的治療が必要な場合は外部の医療機関を
受診
・間接アプローチのみで不十分なら校内で専門
家によるケア(ただし、CRTは応急処置のみ)
・間接アプローチ(教師や保護者の適切な対応)に
よるケア
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
時期による違い
初期対応 中期対応
初動対応
~数時間 ~数日
~1カ月
長期対応
1カ月~
全国CRT標準化委員会
R3.0 対応
一人ひとりができることを
(1)専門家の情熱と技
(2)行政による事業化、人員態勢
(3)学校・教育委員会本来の対応態勢
(4)保護者・地域住民の情熱と行動力
それぞれが「責任を果たす」~
「できることを行う」ことによって、
「社会の子どもは自分たちで守る」
というムーブメントへ
全国CRT標準化委員会
おしまい
ダウンロード

同スライド