第2学年
1
2
単元名
算数科(習熟度別指導)学習指導案
ひき算のひっ算(2)
単元の目標
(百何十何)-(2位数)の筆算の仕方について理解し,計算することができる。
○
○
○
○
3
筆算のよさがわかり,進んで活用しようとする。 【関心・意欲・態度】
既習の2位数の計算をもとにして,百の位から繰り下がるひき算の計算の仕方を
考えることができる。【数学的な考え方】
(百何十何)-(2位数)の筆算を繰り下がりに気をつけて,正しく筆算で計算
することができる。【技能】
(3位数)-(2位数)の繰り下がりの仕方を理解できる。
【知識・理解】
指導と評価の計画(全4時間)
次 時
主 な 学 習 活 動
基礎コース
発展コース
評価の観点 評価規準
及び評価方法
関 考 技 知
一
1 ・計算棒や模擬貨幣を ・計算棒を操作して,
◎
・2桁の引き算の筆
操作して,(百何十
(百何十何)-(2
算を生かして(百
何)-(2位数)で
位数)で百の位から
何十何)-(2位
百の位から繰り下が
繰り下がる筆算2の
数)で百の位が繰
る筆算の計算方法に
計算方法について考
り下がる筆算がで
ついて考える。
える。
きる。(ノート・
・百の位が繰り下がる ・百の位が繰り下がる
発言・ふりかえり
筆算の練習問題をす
筆算の練習問題をす
カード)
る。(教科書)
る。(教科書+補充
・発展問題)
2 ・(百何十何)-(2 ・(百何十何)-(2
・既習事項を生かし
位数)で,十の位か
位数)で,十の位か
◎
て繰り下がりが2
本
らと百の位からの2
らと百の位からの2
回ある筆算の算法
時
回繰り下がりがある
回繰り下がりがある
が説明することが
筆算の計算方法につ
筆算の計算方法につ
できる。(ノート
いて考える。
いて考える。
・発言・ふりかえ
・適用題と練習問題を ・適用題と練習問題を
りカード)
する。(教科書)
する。(教科書+補
充・発展問題)
3 ・(百 何)-(2位 ・(百 何)-(2位
・記数法のしくみを
数)で十の位が空位
数)で十の位が空位
◎
○
もとに百の位から
のときの筆算では,
のときの筆算では,
2段階繰り下げて
十の位から繰り下げ
十の位から繰り下げ
計算する筆算の算
られないことを見通
られないことを見通
法を考えることが
して,記数法の仕組
して,記数法の仕組
できる。(ノート
みをもとに百の位か
みをもとに百の位か
・発言・ふりかえ
ら繰り下げることを
ら繰り下げることに
りカード)
知り,適用題の解決
気付き,よりよい計
・十の位が空位の
に生かす。
算方法を知り,問題
ときの繰り下が
・適用題と練習問題を
を解決する。
りの仕方が理解
する。(教科書)
・適用題と練習問題を
できる。(ノー
する。(教科書+補
ト・発言・ふり
充・発展問題)
かえりカード)
4 (練習問題)
(練習問題)
(技)ひき算の筆算
・ひき算の筆算練習
・ひき算の筆算練習
○ ◎ ◎
練習
・計算の間違い探し
・計算の間違い探し
(考)計算の間違い
・筆算の文章題
・筆算の文章題
探し
・補充・発展問題
・筆算の文章題
(関)すすんで文章
題や補充問題や
発展問題に取り
組もうとしてい
る。(ノート・
記録写真・ふり
かえりカード)
◎:全員の状況を見取記録に残す評価
○:補完のための評価(必要に応じて記録に残す評価)または指導に生かすための評価
4
本時(第一次・第2時)
基礎コース
目標
( 百 何 十 何 )-( 2 位 数 )で 繰 り 下 が り が 2 回 あ る 筆 算 の 算 法 に つ い て ,既 習
事項を生かして説明することができる。
1
2
学習活動
児童の主な反応と教師の支援
問題を読み,本時 ・黒板に問題を提示しノートに書かせる。
の問題と前時までの
問題とのちがいにつ
いて話し合い,めあ
てをつくる。
(もんだい)
142-83をひっ算でしてみよう。
・142-83の計算ができそうか既習の筆
算と比べながら話し合う。
(発問)135-72とのちがいは何か。
*今日は,一の位も引けない。
*繰り下がりが2回ありそうだ。
・黒板にめあてを板書しノートに書かせる。
(めあて)くり下がりが2かいあるひっ算のしかたを考えよう。
評
価
計算棒を操作し, ・計算棒を使って142-83を表し,操作
計算方法についての
して答えを求めさせる。*59になる。
見通しをもつ。
・計算の仕方の見通しを話し合わせる。
(発問)どんなことに気付きましたか。
*一の位が引けないから,十の位から繰
り下げないといけない。
*十の位も引けないから,百の位から繰
り下げないといけない。
※十の位から一の位への繰り下げがで
きない児童や繰り下がりをどちらか
らしたらよいか迷っている児童に適
宜助言をする。
※計算棒の操作で繰り下げができにくい児童
には模擬貨幣を操作させる。
3 筆算の解決を話し ・「まず」「つぎに」「さいごに」の言葉を ・既習事項を生か
合い,計算方法の説
用いて計算の仕方をワークシートに書かせ
して繰り下がり
明をする。
ペアで話し合わせる。
が2回ある筆算
*まず,一の位が引けないから,十の位か
の算法が説明で
ら1繰り下げて,12-3=9
きる。(数学的
*次に,十の位は1繰り下げたので,4を
な考え方)
消して3にする。
(ノート・発言・
*次に,十の位も引けないので,百の位か
ふりかえりカー
ら1繰り下げて,13-8=5
ド)
*最後に,答えは59だ。
※計算棒を使った説明も認める。
4 スライドショーを ・スライドショーを見せてワークシートにま
見て本時学習をまと
とめを書かせる。
める。
・ペアで相談させてから,全体の場で発表さ
せる。
(まとめ)①まず十のくらいから一のくらいへくり下げる。
②つぎに百のくらいから十のくらいへくり下げる。
③くり下げが2かいあっても1かいのときと
おなじようにできる。
*125-78=47
※計算速度の
*177-98=79
遅い児童に
*133-87=46
はAとBの
*152-99=53
代表的な問
*175-78=97B
題を最初に
*121-29=92
解かせる。
*164-65=99
※適宜助言を
*136-39=97
する。
*172-77=95
・ふりかえりカードに書かせ,本時の学習の
ふりかえりをさせる。
・次時は103-67のような,十の位に0
がある筆算の計算について考えることであ
ると予告する。
発展コース
目標
( 百 何 十 何 )-( 2 位 数 )で 繰 り 下 が り が 2 回 あ る 筆 算 の 算 法 に つ い て ,既 習
事項を生かして説明することができる。
学習活動
児童の主な反応と教師の支援
評 価
1 問題を読み,本時 ・黒板に問題を提示しノートに書かせる。
の問題と前時までの
問題とのちがいにつ
いて話し合い,めあ
てをつくる。
(もんだい)142-83をひっ算でしてみよう。
・142-83の計算ができそうか既習の筆
算と比べながら話し合う。
(発問)135-72とのちがいは何か。
*今日は,一の位も引けない。
*繰り下がりが2回ありそうだ。
・黒板にめあてを板書しノートに書かせる。
(めあて) くり下がりが2かいあるひっ算のしかたを考えよう。
2
計算方法について ・ノートに筆算形式で問題を書かせる。
の見通しをもつ。
・ペアで計算の仕方を話し合わせる。
(発問)どんなことに気付きましたか。
*一の位が引けないから,十の位から繰
り下げないといけない。
*十の位も引けないから,百の位から繰
り下げないといけない。
3
筆算の自力解決を ・自力で算法を考えながら計算してみる。
・既習事項を生か
し,計算方法の説明 ・「まず」「つぎに」「さいごに」の言葉を
して繰り下がり
をする。
用いて計算の仕方を話し合わせる。
が2回ある筆算
*まず,一の位が引けないから,十の位か
の算法が説明で
ら1繰り下げて,12-3=9
きる。(数学的
*次に,十の位は1繰り下げたので,4を
な考え方)
消して3にする。
(ノート・発言・
*次に,十の位も引けないので,百の位か
ふりかえりカー
ら1繰り下げて,13-8=5
ド)
*最後に,答えは59だ。
4
計算棒の操作によ ・計算棒を使って142-83を表し,操作
る確かめとまとめを
して答えを求めさせる。
する。
・スライドショーを見せてノートに学習のま
とめを書かせる。
(まとめ)①まず十のくらいから一のくらいへくり下げる。
②つぎに百のくらいから十のくらいへくり下げる。
③下のくらいから先にくりさげた方が計算が簡単だ。
④くり下げが2かいあっても1かいのときとおなじようにで
きる
5
適用題と練習問題 ・175-79を自力でしてみる
をする。
*175-79=96
・P93の⑤の筆算の練習問題を解かせる。
*142-93=49A
*125-78=47
※計算速度の
*177-98=79
遅い児童に
*133-87=46
はAとBの
*152-99=53
代表的な問
*175-78=97B
題を最初に
*121-29=92
解かせる。
*164-65=99
※適宜助言を
*136-39=97
する。
*172-77=95
・速くできた児童には,補充・発展プリント
に取り組ませる。
6
本時をふりかえり ・ふりかえりカードに書かせ,本時の学習の
次時の予告をする。
ふりかえりをさせる。
・次時は103-67のような,十の位に0
がある筆算の計算について考えることであ
ると予告する。
★指導の工夫点★
コース
基礎コース
工夫点
学習活動に
おける操作的
な活動
学習活動に
おける言語的
な活動
発展コース
・
計 算 棒 を 使 う 操 作 の 時 ,教 師 が ・ 計 算 棒 を 使 う 操 作 の 時 ,自 力 で
黒 板 に 掲 示 用 の 計 算 棒 で ,1 4 2
計算棒を操作させて話し合わせ
-83をつくりながら話し合わ
る。
せる。
・ 操作ができにくい児童にはスラ
・ 操作ができにくい児童にはスラ
イドショーを見せて説明を補わ
イドショーを見せて説明を補わ
せる。
せる。
・ 説明の仕方を適宜助言する。 ・ 説明の仕方を適宜助言する。
・
学習活動中
の教具
説 明 が で き に く い 児 童 に は 説 明 ・ 説 明 が で き に く い 児 童 に は ,ヒ
が で き た と こ ま で を 発 表 さ せ ,が
ントカードを渡す。
んばりを賞賛する。
*「まず」「つぎに」「さい
ごに」
*穴埋め式(重要な数字や言
葉を考えて書き入れ説明
を完成させるように指示)
計算棒+位取り指導板
計算棒のみ
※
学習内容が
視覚的にわか
りやすくする
工夫
計算棒が操作しにくい児童
は模擬貨幣を準備
スライドショーを準備
(適用問題)
適 用 問 題・練
*175-79=96
習問題の調節 (練習問題)
*142-93=49A
*125-78=47
*177-98=79
*133-87=46
*152-99=53
*175-78=97B
*121-29=92
*164-65=99
*136-39=97
*172-77=95
※
計算速度の遅い数名の児童に
はAとBの代表的な問題を最初
に解かせる。
※ つまずきに対応して適宜助言
をする。
スライドショーを準備
(適用問題)
*175-79=96
(練習問題)
*142-93=49A
*125-78=47
*177-98=79
*133-87=46
*152-99=53
*175-78=97B
*121-29=92
*164-65=99
*136-39=97
*172-77=95
(補充プリントの問題)
*132-85=47
*165-97=68
*153-79=74
*173-78=95
*192-93=99
(発展プリントの問題)
* り か さ ん は ,1 4 4 ペ ー ジ の
本を62ページまでよみまし
た 。あ と 何 ペ ー ジ の こ っ て い ま
すか。
*
がよう紙が128まいあり
ま す 。4 5 ま い つ か う と 何 ま い
のこりますか。
ひっ算のしかた
2年(
142-83
)組
名前(
)
のひっ算のしかた
① ひっ算にかくときのちゅうい
ひっ算
②けい算のしかた
《一のくらい》
まず、一のくらいがひけないから
のくらいから1くりさげて
つぎに、十のくらいは、1くりさげたので
をけして
《十のくらい》
つぎに、十のくらいもひけないので、
のくらいから1くりさげて
さいごに、答えは
だ。
れんしゅう
① 125-49
② 113-65
③
154-97
●さん数ふりかえりカード●
(
)ばん(
)
じぶんのこと
考
え
を
も
て
た
月
日
校時
月
日
校時
月
日
校時
月
日
校時
月
日
校時
月
日
校時
ともだちのなまえ(
い
け
ん
が
言
え
た
い
け
ん
が
聞
け
た
そ
う
だ
ん
で
き
た
つたえあいのことば
ともだちのこと
わ
か
っ
た
・
で
き
た
よ
く
聞
い
て
く
れ
た
お
し
え
て
く
れ
た
考
え
を
も
っ
て
い
た
声の
大きさを
よく考えて
(話す人)
・~です。~だと思います。
・~まではわかったけど,ここからわかりません。
・考えたけど わかりませんでした。
(聞く人)
・ぜんぶわかりました。
・~まではわかりましたが
ここからわかりませんでした。
・よくわからなかったので もう 一度
言ってください。
(聞いた後のはっぴょう)
・ぼくは・・・・だと思いました。
・○○くんにつけたして・・・・だと思います。
・○○さんのいけんをきいて,
わたしも・・・・だと思います。
・○○くんとおなじで(よくにていて)
・・・・・です。
・○○さんとちがって(べつで)
・・・・だと思います。
)
(
)年( )組(
)番(
なまえ(
)コース
)
(
)年( )組(
)番(
なまえ(
)コース
)
ダウンロード

学習指導案等 [PDFファイル/324KB]