年金制度
地域文化3回生
渡邉 裕貴
目次
•
•
•
•
•
•
日本の年金制度の現状
日本の今後
政策提言
シミュレーション
参考文献
論点
日本の年金制度の概要
一号被保険者
二号被保険者
三号被保険者
公的年金・恩給を受給している高齢者
世帯における公的年金・恩給の総所
得に占める割合別世帯数の構成割合
「年金暮らし」の世帯
が多数!
(資料)平成21年国民年金基礎調査の概要
日本の国民年金の現状
• 賦課方式(世代間の相互扶助)
– メリット:インフレに強い。
– デメリット:人口構造バランスに影響される。
⇒「世代間格差」の原因。(?)
• 20歳以上60歳未満
– 国民年金に強制加入(平成23年現在、月15,020円拠
出)
• 65歳以上
– 老齢基礎年金として月65,541円支給(※満額の場
合)⇒年間約80万円
– 繰り上げ制度、繰り下げ制度あり。
日本の今後
• 超少子高齢化
• 年金負担額の推移
– 国民年金は2017年までに16,900円/月まで上昇
– 厚生年金は2017年までに給料の18.3%負担まで上
昇。
⇒段階的に「上昇」の傾向!
• 年金給付額の推移
– 「特例水準」の解消
– 2015年まで65,541円から1,675円減少。
– 厚生年金が230,940円から5,900円減少。
⇒段階的に「減少」の傾向!
国民年金積立金の推移
(兆円(平成21年度価格)) 国民年金の積立金
16
14
12
10
「よく見積もっても」
100年後には枯渇
の危機!!
8
6
4
2
0
2005
2025
2045
2065
2085
出所:厚生労働省 ー平成21年財政検証結果ー
2105
(年)
各国の年金
• オーストラリア
– 他からの所得と年金の合計が「フリーエリア」を上
回ると年金額が減額。
– 1/3が減額の対象。
• イタリア、ドイツ
– 年金受給者へ課税制度
• アメリカ
– 受給年齢を引き上げ段階
– 繰り上げ支給あり。(減額)
今後の年金制度の理想
①持続可能性
②それぞれの世代内では同一拠出に対して同一
の給付が対応すること。
③異なる世代のあいだで、相対的年金水準ができ
るだけ一定であること。
④将来の拠出負担と将来の年金水準とは人口変
化と経済変化に左右されるとはいえ、それらの
変化に応じてどのように決まるかについて、明確
で確実な予想が提示されていること。
出所:盛山和夫 『年金問題の正しい考え方』 中公新書/2007
基本方針
• 国民年金の受給年齢を70歳に引き上げる。
• 70歳からの受取額を年84万円にする。(一月
当たり7万円)
• 繰り上げ給付の割合を変化させる。(今まで
通り60歳から繰り上げて給付を受けることは
現状
政策の方針に従うと……
可能。)繰り下げ給付も今まで通り可能。
64歳
94%
68、69歳
94%
63歳
88%
66、67歳
88%
62歳
82%
64、65歳
82%
61歳
76%
62、63歳
76%
60歳
70%
60、61歳
70%
現状がこう変わる!
• 65歳以上人口……約3,000万人
• 国民年金給付額3000万人×80万円=24兆円
約5.5兆円
※全員が満額納めた場合。
の余裕が出
来る!
• 70歳以上人口……約2,200万人
• 国民年金給付額2,200万人×85万円=18.5
兆円
※全員が満額納めた場合。
ある人にとっては良い面も!
年額80万円の場合
年額84万円の場合
現状
政策の方針に従うと……
64歳
94%
68、69歳
94%
63歳
88%
66、67歳
88%
62歳
82%
64、65歳
82%
61歳
76%
62、63歳
76%
60歳
70%
60、61歳
70%
80万円×0.7=56万円
84万円×0.7=58.8万円
シミュレーション結果
• 「持続可能性、世代内での同一拠出に対する
同一給付が対応」という点はクリア!
• 異なる世代間で相対的年金水準が一定であ
ることは達成できていないが、積立金等の枯
渇を視野に入れるならばある程度の水準低
下は仕方ない。
(※経済成長や賃金上昇など予測できない部分は多々あるにしても)
潰れない年金制度への足がかりとなるのではないか。
まとめ
少子高齢化は不可避
年金財源の確保は必須
積立金は枯渇させてはならない
⇒枯渇=制度破綻
給付開始年齢の引き上げを!
論点
• 日本の今後の年金制度はどうあ
るべきか。
• 政策提言に対して。
参考文献
• 北岡伸一・田中愛治編 『年金改革の政治経済学 世
代間格差を超えて』 東洋経済新報社/2005
• 盛山和夫 『年金問題の正しい考え方』 中公新書
/2007
• 厚生労働省編 『世界の厚生労働2012』 株式会社キ
タジマ/2012
• OECD編著・栗林世監訳 『図表でみる世界の年金』
明石書店/2007
• 厚生労働省ウェブページ 2012年11月25日
http://www.mhlw.go.jp/
• 日本年金機構ウェブページ 2012年11月25日
http://www.nenkin.go.jp/n/www/index.html
ダウンロード

年金制度