タクシー狂躁曲
著者 / 梁石日
月はどっちに出ている
監督 / 崔洋一
坂井恵太
財津信
西山昌憲
あらすじ
●東京に住む在日朝鮮人でタクシー運転手を勤める姜忠男。忠
男が働くタクシー会社には、個性あふれる運転手達がいた。
●ある日、忠男の母が経営するフィリピンパブに新しい娘コニーが
入ってきた。コニーへの熱烈なアタックの末彼女と同棲を始める。
●金田の事業が失敗して会社が苦境に立ったり、忠男の母親の
反対でコニーと別れたりすることにもなるが、最後はコニーとともに
フィリピンへ行くことを約束する。
人物紹介1
姜忠男
本作の主人公である在日朝鮮人のタクシー運転手。
特に目的もなく東京で独身生活を楽しんでいる。
英順
フィリピンパブを経営する忠男の母で在日1世。お
金に対する執着心が強いと同時に祖国に対する想
いも強い。
コニー
英順のパブで働くフィリピン人。気が強く、けったい
な大阪弁を使う。忠男から猛烈なアタックを受ける。
人物紹介2
ホソ
昔はボクサーだったりしたこともあるらしい。忠男を
殴った後、預けていた子供を連れ出し、オモニに会
いたいと言って蒸発。朝鮮人は嫌いだが、忠さんは
好きだぁ☆
安保
金田タクシー期待の新人にして、迷子の達人。道に
迷った末、富士五湖まで行ったこともある。
帰国事業
帰国事業とは、千里馬運動を掲げ、多数の労
働者を必要とした北朝鮮政府と日本政府、そ
して、在日コリアンにとってそれぞれの思惑が
一致 し行われた帰国運動である。
この事業は日本・北朝鮮赤十字会談の開催
から盛んになったとされている。
千里馬運動

朝鮮戦争で疲弊された北朝鮮の経済を押し上げた
1950-60年代の大衆運動で、北朝鮮はこの時期を千里
馬大高潮期と呼ぶ。

この運動は1956年12月に労働党全員会議で金日成主
席が「千里馬を乗った気勢で走ろう」とのスローガンを提
示したことが発端となり、経済だけでなく 社会・文化など
社会全般に広がった。
映画と小説の比較1-1

映画では忠男の母が出てるが、小説では父が
出てくる。性格は凶暴。

小説と映画のラストが異なり、小説ではタクシー
会社が火事になって整備士の爺さんが逃げてし
まうことで話が終わってしまうが、映画ではその
後店を追い出されたコニーを忠男が迎えに行くと
いうシーンで終わっている。
映画と小説の比較2-1
映画では、在日フィリピン人ホステスが出てくる
が、小説ではまったく出てこない。
映画では、主に忠男とコニーを中心に、外からの
視点で描いているが、小説では、タクシー運転
手だったという著者の、中からの視点で描いて
いる。
映画と小説の比較2-2

考えられる理由
小説
在日社会に対する日本社会の振る舞いへの批
判と、自らを善なるものとしてきた在日社会への
批判を描こうとしている
映画
小説のことに加え、今では在日コリアンが、他者
の上に立っていることまでを描こうとしている
あなたは在日フィリピン人の
ことを知っていますか?
これから少し、
在日コリアンと比べながら
お話ししましょう
在日コリアンと在日フィリピン人の比較1-1
~人数の比較~
在日コリアン
613,791名
在日フィリピン人
185,237名
(2003年12月末日現在)
在日コリアンと在日フィリピン人の比較1-2
外国人登録者数における韓国・北朝鮮、フィリピン籍の割合
韓国・北朝鮮
32%
その他
58%
2003年12月末日現在の数値
総務省 http://w w w .stat.go.jp/index.htm
出所)
フィリピン
10%
在日コリアンと在日フィリピン人の比較1-2’
日本における国籍別人口の割合
韓国・北朝鮮
0%
フィリピン
0%
その他
1%
日本
99%
日本在住者の総数は、2003年10月1日の推計値
外国人登録者数は2003年12月末日現在の数値
出所)総務省 http://w w w .stat.go.jp/index.htm
在日コリアンと在日フィリピン人の比較1-3
外国人登録者数における韓国・朝鮮、フィリピン籍の推移
700,000
600,000
500,000
人
400,000
韓国・北朝鮮
フィリピン
300,000
200,000
100,000
0
1995
2002
年
2003年12月末日現在の数値
出所)総務省 http://w w w .stat.go.jp/index.htm
2003
在日コリアンと在日フィリピン人の比較2-1
~在日コリアン~

貧しい人は貧しいが、そうでない人もいる

差別されてきた(今も)
・指紋押捺(2000年に廃止)
・就職差別
・他

その存在が、日本社会でも知られている
在日コリアンと在日フィリピン人の比較2-2
~在日フィリピン人~

女性が多い

女性が多いゆえの問題がある
・不当に売春を強要される
・夫(日本人)からの暴力
・他

その存在が、日本社会ではあまり知られていない
今と昔のタクシー運転手
昔はタクシーと言えば、乱暴運転というイメージも強かっ
たが、最近では顧客の取り込みの為に色々な努力をし
ていて、かなりソフトなイメージもついてきている。
今も昔もタクシー運転手の地位はあまり高くなく、タク
シー運転手だけで生活する場合、1日400~430キロ
の走行が必要とのことだ。 しかし最近では副業として
働いている人が多い。給料は売上額の5~6割で昔と比
べてあまり変化していない。
「月はどっちに出ている」の解釈1
映画では、安保さんが道に迷ってしまい、困った
あげくタクシー会社に電話をしたときの仙波さん
の台詞である。
「月はどっちに出ている」の解釈2
映画を見る限りでは、道に迷った安保さんに
対するただの忠告のようにみえるが、夜の闇
は、タクシー業界の不安定さ、さらには在日
朝鮮人の未来の不明瞭さを暗示しており、そ
の暗闇の中で光る月が、今まで在日という立
場で様々な差別・苦労を強いられてきた人々
の未来への光として描き出されているように
感じた。
ホソの言葉の意味

「朝鮮人は嫌いだ、でも忠さんは好きだぁ」
「朝鮮人は嫌いだ」は、人から聞いた過去のイ
メージ。「でも忠さんは好きだぁ」は、自分で見た
現実のイメージ。すなわち、過去の姿に捉われ
ず、現実を見つめ、「今を生きよ」と、いうことを意
味するのではないだろうか。
ホソが殴った理由

映画では、ホソが忠さんを殴るシーンがあるがこ
のシーンが意味するものは何か?

ホソ=日本社会、忠さん=在日社会を表し、今
だに、日本社会のほうが力があるということを意
味しているのではないだろうか。
感想1
小説では、日本社会や在日社会に対する批判
が鋭く、読んでて非常に小気味よかった。しかし、
映画ではその批判が薄くなっており、少々物足り
なかった。けれども、 その分、他の在日外国人
にまで目が及んでおり、そのような視点を持って
いる監督の力量に、とても驚いた。(財津)
感想2
映画、小説共に「その時代の在日外国人の見方」につ
いて描かれていたが、小説ではシリアスな展開で話が
進み、少し重い感じがしたが、映画ではややコミカルで、
柔らかい感じがした。しかし、自分はこの映画を「面白い
作品」として捉えているわけではなく、「社会で生きていく
厳しさ」というのは感じ、その中で懸命に働く人間の姿は
在日外国人、日本人共に変わりはないと思いました。
(坂井)
感想3
在日への低い待遇や差別、それに対し小説内で
の主人公はどこか無常観を漂わせ、諦めたよう
な思想を持っているように感じた。しかし映画内
での主人公はそれを茶化し、現実での生活そし
て今を第一と考えているような態度を見せてい
て、この違いがもっとも印象に残った。(西山)
参考文献
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%
A5%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA
http://www.hamachu.ed.shizuoka.ac.jp/lt/seito3.htm
http://www.jmdb.ne.jp/1993/dq002310.htm
http://ja.freeglossary.com/%E5%9C%A8%E6%97%
A5%E9%9F%93%E5%9B%BD%E6%9C%9D%E9
%AE%AE%E4%BA%BA
http://www.jinkennet.com/old/hiroba/2001/hiroba02.html
http://www.l-o-a.net/history/zainichi.html
...―――-..△―――、
≡
.// /⌒ヽ//
.||.\
≡
[//_ (゚Д゚ /[]
.|| __\__ ≡
lロ|=== |ロロ゚| ̄ ̄|金田タクシー|
||. ≡
| ∈口∋ ̄_l__l⌒l____|___l⌒l___|
 ̄  ̄  ̄`ー' ̄
`ー' `ー'
`ー'
""""""""""""""""""""""""""""""""""
ダウンロード

梁石日(양석일)・小説, 「タクシー狂躁曲」