“情報化社会”ってなんだろう?
新潟国際情報大学
情報システム学科
小宮山智志
あなたは、建築会社の社長だと
オレたち、炎
します。
一生懸命勉
天下に汗水
強して、良い
設計図書き
ました!
流して作った
ぜ!
設計した社員
注意:正解は誰にも
わかりません
建築した社員
給料たくさん
あげるの
どっち?
“情報化社会”
ものの生産よりも情報の生産に価値
を見出すようになった社会
注意:研究者によってさまざまな定義があります!
“設計図(建築の設計図はもちろん、コンピュー
タソフトウェアのプログラムや発明・デザイン・
学校と大学の違い
組織のしくみ・マニュアルなど人・組織やコン
学校:すでにわかっていることを覚える。
ピュータなどの指令の例え)”=情報(一部)
大学:誰もわからないことを考える。
を発案できる人~高い給料もらえる。
“設計図(情報)”に従ってものを作る
~あんまり高い賃金もらえない。
“いまの社会”の価格の決まり方
• マーケット(市場)の欲しがっている人々の
買いたい量(需要)と
• 売りたがっている人々の売りたい量(供給)
の関係で決まっています。
採用した
私しか作
い!
れない精
度の高い
歯車です
高い賃金
供給と需要の変化(一要因)
設計図(発明・デザイン・組織のしくみ・
マニュアルなどを含む)に従いつくる人
人材の供給が多い(中国など)
日本でも
価値下落!!
なぜ日本にも影響が?
例:ユニクロ~中国で生産するため安い価格で販売
企業はもっと安いものを作るために正社
日本の服飾メーカー:対抗するために人件費を削
員をリストラ
減したい。正社員をリストラ
→パート・アルバイト・フリーター派遣社員
アルバイト・パート・派遣社員・フリーター
を雇用
デフレ
中国などの影響を
日本人の給料下がる。
受けやすい製造業
スパイラル
で影響大
人々は、さらに安いもの求める
“情報化社会”
ものの生産よりも情報の生産に価値
を見出すようになった社会
給料下がる
中国では生産できない高い価
値をもった商品で対抗したい
フツウのテレビ
液晶テレビ
新しい設計・開発(情報の生産)
ができる人々求められる
具体例1:情報化はコンピュータ
化?
情報化はコンピュータ化とは限らない
しかし
コンピュータは情報化の花形
ソフトウェアはもちろん、
ハードウェアも作る・運ぶのカンタン。
設計が難しい(価値がある)。
具体例1の具体例1?!
おなじみ、マイクロソフト社
Office XP Professional [アカデミック版]
ヨドバシ特価:¥29,295 (税込)
小宮山が使っている統計計算用のソフトウェア
(SPSS)
16万円から!
どっちもモノはCD-ROM一枚と本~数千円程度
コストの多くの部分が開発(情報)費
具体例1の具体例2?!
例:CPU(central processing unit.:中央演算装置)
コンピュータの中心的役割を果たす部品
小さくて、軽い:材料費・輸送費等あんまりかからない。
Pentium 4(L3キャッシュを2MB搭載した
Gallatinコア”Extreme Edition”の3.2GHz)
\99,780 (昨年末)~モノは石
ハードウェアだって、コストの多くの部
分が開発(情報)費!!
具体例2:ビトンのサイフ
ルイ・ヴィトンのバック
機能
値段
ユニクロのバック
どちらも良いところがある
大差!!
ルイ・ヴィトンというデザイン(情報)
にお金を払っている
情報化社会の光と影
• 光:うまくすると環境問題に好影響
資源の量に左右されずに価値を生み出せる
(ただし無意味なモデルチェンジ等で環境悪
化の可能性もあり!)
• 影:情報を生産できる人とできない人の所
得格差が増大。
具体例3:プラネテス概略
• NHKBS2土曜日朝8:06より放映中
• 近未来の宇宙が舞台
• 地球、ステーション、月面の間には旅客機や貨
物機が行き交う
• この時代、大きな問題となっているのは、宇宙
開発にともなって発生するゴミ(デブリ)
• 主人公ハチマキ(星野八郎太)は、宇宙産業の
大手・テクノーラ社で、デブリの回収を担当
概略2
•
クレア・ロンド 管制課 エルタニカ出身
コンプレックスを持っている。
テマラ・ポワチエ
中米の小国エルタニカの科学者。新開発した宇
宙服をテクノーラ社に売り込みに来る。
プラネテスポイント
• テマラの宇宙服に対する評価
部長・課長~デザイン(情報)を酷評
→会社のイメージという情報を重視
実は、ウソ。仕事が増えるのイヤ。
発展途上国の製品という情報に惑わされ
はじめからバカにしている。
第二事業部長とデブリ課の人々
~設計(情報)の斬新さを評価→作業の効率
性を重視
ポイント2
• 実際にゴミを拾うデブリ課よりも、彼らを指示する
管制課(情報を扱う)の方が評価が高い。
• 情報の生産者になれるための機会が均等では
ない。我々は恵まれている。
• 機会が均等にならないようなしくみができあがっ
ている。
• 恵まれていない人々の出身地や見た目(田舎モ
ノっぽい)という情報に惑わされる
→文化的な格差の障壁
情報生産者になれる機会に恵まれ
ている我々はどうしたら良いか?
良い“情報化社会”の担い手になろう!
目的に応じて注目する“情報”を適切に選択
機会を生かして国際社会(情報格差や環境問
題)に貢献できる“情報”の生産者になろう
良い“情報化”は社会を救う?
• 例:ICタグ~バーコードよりもはるかに多く
の情報を蓄積。離れてても情報を送れる。
→製品がリサイクルされるまで追跡(プライ
バシーの問題をどうするか?)
• 例:遠隔授業・e-ラーニング
情報格差を埋めことに貢献できるか?
(下手をすると格差を広げるばかりに。制度
という情報も同時に考える必要あり)
国際社会と情報化がポイント
(新潟国際情報大学の宣伝?!~教育プログラ
ムに自信ありマス)
ダウンロード

講義資料 - 新潟国際情報大学