未来の夢計画
『世界で良い事をしよう』
~ロータリー財団と友達になろう~
2012~2013年度
ロータリー財団委員会委員長
第2740地区
石坂和彦(大村RC)
国際ロータリー第2740地区
未来の夢計画の取り組み
未来の夢計画とは・・・?
2017年にロータリー財団は100周年を迎えま
す。この100周年を迎えるにあたって、ロータ
リー財団をもう一度見直しを行ない、時代の
ニーズに合ったものに変えていこうと言うのが、
2013-14年度からスタートするロータリー財
団の未来の夢計画です。
なぜ、ロータリー財団は新しく
生まれ変わるのでしょうか?
補助金に関して言うと・・・
1. 近年マッチング・グラントの申請が急増してきた。
2. 今まであった14のプログラムが多すぎて、申請
等も解りにくく、使い勝手が悪い。
3. 小さなプロジェクトが多いため、必要経費が嵩
んでしまう。
4. あまり持続性のあるプロジェクトが行われてい
ない。
80/20コンセプト
20%:長期的
で影響力の
高いプロジェ
クト
80%:短期的で影
響力の低いプロジ
ェクト
80%:長期的で影響力
の高いプロジェクト
20%:短期的で
影響力の低い
プロジェクト
6
具体的にはどうなるの・・・?
1)寄付は、今までと変わりはありません。但し、「年次寄
付」は、これからは「年次基金」と呼びます。
2)補助金が大きく変わります。今までの「地区補助金」と
「マッチンググラント」は無くなり、新しく「新地区補助
金」と「グローバル補助金」に生まれ変わります。
3)「ポリオ・プラス」と「ロータリー世界平和フェローシップ」
の2つのプログラムは今まで通りですが、他のプログラ
ムは、廃止、または新しいプログラムに変更になります。
私たちにとって、改善なの?
もちろん改善です。
今回、未来の夢計画がスタートすることによって、いろいろなこ
とが簡略化されます。また、使い勝手も良くなります。
地区に権限が委譲される部分も今まで以上に大きくなります。
地区ロータリー財団委員会では、さまざまな情報を集めて、ス
ムーズに移行できるように、準備を進めていますので、ご安心
ください。
分からなくなったときは、何でも地区ロータリー財団委員会に
お問い合わせください。
補助金構成(2013年7月から)
地区補助金
グローバル
補助金
ロータリー平和センターと
ポリオ・プラス
パッケージ
グラント
2012年3月の
管理委員会決定
9
新地区補助金とグローバル補助金は
どう違うの?
新地区補助金は、
今までの地区補助金のように、比較的小さなプロ
ジェクトを行なう際に効果的な補助金です。
今までの地区補助金では、人道的プロジェクトと
環境保全プロジェクトに限られていましたが、新
地区補助金では、すべてのプロジェクトに使うこと
ができます。この新地区補助金は皆様のクラブの
ある地域から世界中ほとんどの国でも使うことが
できます。
グローバル補助金
グローバル補助金は、今までのマッチング・グラントをちょっ
と大きくしたようなプロジェクトを行なう際に効果的な補助金
です。但し、グローバル補助金を使う際には、3つの条件に
該当しなければなりません。
①6つの重点分野に該当すること
②持続的で計測可能なこと
③「授与と受諾の条件」を満たしていること。
このグローバル補助金を利用したプロジェクトを行なう際に
は、地区DDFからの補助金とWFからの補助金の両方を使う
ことができます。
パッケージ・グラント
パッケージ・グラントは、財団が戦略パートナー
との協力の下に開発した6つの重点分野に関
する高い持続可能性のあるプロジェクトを、WF
からの資金で支援するものです。現在、オイコ
クレジット、ユネスコIHE、アガカーン大学、マー
シーシップスが戦略パートナーとなりプロジェク
トを提供しています。
•
その他のプログラムをご紹介しま
す。
奨学金
今までの国際親善奨学金の制度は廃止され、代わりに地区ごとに独自の
ロータリー奨学金制度が行なわれます。
私たちの地区では、新たな奨学金制度を立ち上げ、
「国際ロータリー第2740 地区ロータリー奨学金」をスタートさせます。
• VTT(職業研修チーム)
今までのGSE(研究グループ交換)は廃止され、新たにVTT(職業研修
チーム=Vocational Training Team)がスタートします。GSEは2つの地
区が双方向の派遣をしていましたが、VTTでは一方の派遣のみでOKにな
ります。また、VTTでは、海外で指導をするチームの派遣や、研修を受け
るチームの派遣も行なうことができます。(※現時点での直近の派遣は考
えていません。)
• ロータリー平和フェローシップ &ポリオ・プラス
この2つのプログラムは、今までと変わりありません。
• その他のプログラム
原則として廃止になりますが、新地区補助金とグローバル補助金を利用
して同様なプロジェクトを申請することはできます。
ここからは、クラブにお願いすることを
挙げさせていただきます。
未来の夢計画が始まるにあたって、クラブの皆
様にあらかじめ準備をしていただかなければな
らないことがあります。
難しいことではありませんが、大切なことですの
で、皆様のご協力をお願いします。
すでにご案内の通り、未来の夢計画は今年度
から始まっていると言っても過言ではありませ
ん。クラブに置かれましては、できるだけ早い時
期に対応をしていただければと思います。
クラブにお願いをすること
1.MOUを地区との間で取り交わしていた
だきます。
MOUとは「Memorandum of Understanding」のことで、
日本語にすると「覚書」になります。
このMOUを取り交わすことで、クラブや地区はロータリー財
団のプログラムへの参加資格を取得することになります。
このMOUには、クラブ会長エレクトとクラブ会長ノミニーの
お二人の署名が必要になります。
原則として、すべてのクラブにMOUを取り交わしていただき
ます。
クラブにお願いをすること
2.MOUを取り交わす前提として、
地区が主催する「補助金管理セミナー」
に必ず出席していただきます。
MOUを取り交わす条件として、MOUに記載され
た内容を読了していただくことと、この「補助金管
理セミナー」に出席することの2つが定められてい
ます。
クラブにお願いをすること
3.MOUを取り交わすためにクラブ会長ノミニーを
それまでに選任していただきます。
MOUの署名は、クラブ会長エレクト(2013-14年度会長)と
クラブ会長ノミニー(2014-15年度会長)のお二人にしてい
ただきます。
クラブによっては、会長ノミニーの選任の時期が遅いクラブ
もあるかと思いますが、遅くとも毎年12月上旬に開催され
る年次総会で選任していただけたらと思います。
MOUは、毎年取り交わすことになりますので、会長ノミニー
の選任の時期を早めに行なうことを慣例としていただけたら
と思います。
クラブにお願いをすること
4.補助金を利用するプロジェクトを企画立案する
ために、関係する委員長の内定を早めに行な
うことを推奨します。
未来の夢計画では、前年度を計画年度と位置づけています。
このため、特に新地区補助金の申請時期を2月1日より3月
31日までとしています。
新地区補助金の申請には、それまでにプロジェクトを企画
立案する必要があり、また、具体的には見積書の入手や当
も行なっておく必要があります。
そのために、正式な選任は年次総会時でも良いのですが、
早めに内定していただき、準備に取りかかっていただくこと
を推奨します。
クラブにお願いをすること
5.地区ロータリー財団補助金委員会で
は、クラブからのご相談等に対応させ
ていただきます。
地区ロータリー財団委員会では、プロジェクトが補助金の支
給条件に該当するかどうの確認から、予算のご相談、申請
書の書き方のアドバイス等も行ないます。
是非、担当者にお声をかけてください!
今後のスケジュールの再確認
• 2012年12月迄に地区とロータリー財団(TRF)との間の
MOUを取り交わします。
• 2012年10月・2013年1月 補助金管理セミナーを開催
します。このセミナーへの参加はクラブと地区の間の
MOU取り交わしの条件になっています。
• 2012年12月1日~2013年1月31日 クラブと地区の
間のMOUを取り交わします。この時、MOUにはクラブ会
長エレクトとクラブ会長ノミニーに署名をしていただきます。
• 2013年3月31日 新地区補助金の申請締切となりま
す。
• 2013年2月1日より グローバル補助金の申請受付を
開始します。
• ロータリー財団の歴史
1917年、アーチ C. クランフ国際ロータリー会長は、「世界でよいことをするために」 基金
の設置を提案しました。1928年、5,000米ドルにまで成長したこの基金は、「ロータリー財
団」と名づけられ、国際ロータリーから独立した別機関となりました。
• 国際ロータリー(RI)とロータリー財団(TRF)
国際ロータリー(RI)とロータリー財団(TRF)は、全く別な組織です。
ロータリー財団は、1983年に米国イリノイ州法の法令の下に登記された非営
利法人です。ロータリー財団を構成する法人会員は国際ロータリーだけです。
ロータリー財団の正式名称は、「国際ロータリーのロータリー財団」です。
ロータリー財団は、4名の元RI会長を含む15名のロータリー財団管理委員に
よって運営されています。
国際ロータリーは、ロータリアンからの人頭分担金で運営されていますが、ロータリー財
団
は、皆様からいただいた寄付を運用し、その運用益の中から運営費をねん出しています。
• ロータリー財団の使命
ロータリー財団の使命 : 「ロータリアンが、人々の健康状態を改善し、教育への支援を高
め、貧困を救済することを通じて、世界理解、親善、平和を達成できるようにすること」
ロータリー財団の標語 : 『世界で良いことをしよう。(Doing good in the world)』
『世界で良い事をしよう』
“寄付をする”ということ
そしてそれを活用して
“有効なプロジェクトを実施する”
車の両輪です。
ロータリー財団の
6つの重点分野とは?
•
•
•
•
•
•
平和と紛争予防/紛争解決
疾病予防と治療
母子の保健
水と衛生
基礎教育と識字率向上
経済開発と地域開発
ロータリー財団の未来の夢計画にスムーズ
に移行していくためには、各クラブの皆様の
ご理解とご協力が必要です。
新しく生まれ変わるロータリー財団を今後と
もよろしくお願いします。
田中作次RI会長年度を
オール・JAPAN で盛り上げよう!
日本のロータリアンの皆さん
一人一人のロータリー・カード利用が、東日本の災害
復興を助けます!
Rカードの利用を、
全国へ浸透させることで、
田中作次国際ロータリー
会長年度を盛り上げよ
うではりませんか!
田中 作次RI会長エレクト
⑤ロータリー財団委員会
幹
事
補助金委員会
石坂 和彦
大村
西川 義文
大村
山田 晃
長崎南
森永 太
佐賀西
玉野 哲雄
佐世保
野口 道生
長崎出島
資金推進委員会
ポリオ・プラス委員会
山田
晃
長崎南
森永
太
佐賀西
玉野
哲雄
佐世保
藤井
義博
佐賀南
永尾
竹則
佐賀西
香月
武
佐賀
西川
義文
大村
犬塚
勝政
伊万里
馬場
久之
伊万里西
梅田
裕一
諫早多良見
福田
康孝
佐世保南
鶴巻
重次
長崎東
山形 浩介
財団奨学・学友委員会
野口
隅
立石
道生
康二
泰彦
長崎出島
佐賀西
佐賀北
長崎出島
川﨑 伸一
HTB佐世保
喜多
清基
島原
有田
信一
長崎中央
ロータリーの夢を形にすることができるのは、
ロータリー財団です。
皆様のご協力をお願い申し上げます。
ありがとうございました。
ダウンロード

2012-2013年度 ロータリー財団 第2回補助金セミナー 【 PPT 】