相互依存と交易(貿易)
からの利益
Copyright © 2004 South-Western/Thomson Learning
3
あるアメリカ(日本)人学生の一日
• ある典型的な一日:
• 韓国製の目覚まし時計で起きる。
• フロリダ産のオレンジ・ジュースとブラジル産の豆
を使ったコーヒーを飲む。
• ジョージア産の木綿をタイの工場で縫製してつくっ
たシャツを着る。(ジョージア産→インド産)
• ニューヨークで制作されているニュースを日本製
のテレビで見る。(ニューヨーク→東京)
• 世界中のたくさんの国でつくられた部品でできてい
る車に乗って学校まで来る。
Copyright © 2004 South-Western
• . . . でも、まだ一日の半分も終わってない!
• いろんな地域と国の名前がでてきた!
Copyright © 2004 South-Western
相互依存と交易(貿易)からの利益
• 思い出してください。経済学というのは、社会
がその構成員の望みと必要を満たすためにど
のように財・サービスを生産して分配するかを
研究する学問だということです。
Copyright © 2004 South-Western
相互依存と交易(貿易)からの利益
• 世界経済(global economy)の中で、どうやって
私たちは自分の望み(欲望)と必要を満たして
いるのでしょうか?
• ひょっとしたら自給自足も可能かもしれない。
• でも、我々は特化(specialize)して、
他の国と交易(貿易)を行い、
その結果、経済的な相互関係
をとり結んでいる。
Copyright © 2004 South-Western
相互依存と交易(貿易)からの利益
• 個人と国家は、希少性から生じる諸問題を解
決するために、生産を特化して、交換を行って
いる。
• しかし、上に述べた言葉は、二つの疑問を生じ
させるはずだ。
• なぜ、相互依存が実際に成立しているのか?
• なにが生産と交易(貿易)のパターンを決定するの
か?
Copyright © 2004 South-Western
相互依存と交易(貿易)からの利益
• なぜ、相互依存が実際に成立しているのか?
• 相互依存が実際に起きるのは、人々が生産に特
化して他の人々と交易(貿易)するときに人々の暮
らしがよくなるからだ。
• なにが生産と交易(貿易)を決定するのか?
• 生産と交易(貿易)のパターンは、機会費用の違
いによって決定される。
Copyright © 2004 South-Western
現代経済の寓話
• 単純な経済を考えてみましょう:
• たった二つの財: ジャガイモと牛肉
• たった二人の人: 牛飼いと(ジャガイモをつくる)
農夫(農民)
• それぞれの人は何を作ったらよいだろうか?
• なぜ彼らは交易すべきだろうか?
Copyright © 2004 South-Western
表3-1 農夫と牛飼の生産機会(70頁)
1オンスの生産に必
要な時間(分)
8時間で生産できる
量(オンス)
1オンス=28グラム
牛肉
ジャガイ
モ
牛肉
ジャガイ
モ
農夫
60
15
8
32
牛飼
20
10
24
48
Copyright © 2004 South-Western
生産可能性
• 自給自足 をするとしたら、、、
• 他の人のことは無視して、
• 農夫と牛飼のそれぞれは、それが生産したものだ
けを消費する。
• ということは、生産可能性フロンティアは、同時に
消費可能性フロンティアになるということ。
• 交易(貿易)なしでは、経済的な利益は減少する。
Copyright © 2004 South-Western
図3-1 生産可能性フロンティア
(a) 農夫 の生産可能性
’
牛肉(オンス)
もし貿易がなければ、
農家が選ぶのは、
この生産の組み合わせと
この消費の組み合わせ。
8
4
0
A
16
32
ジャガイモ(オンス)
Copyright©2003 Southwestern/Thomson Learning
図3-1 生産可能性フロンティア
(b) 牛飼 の生産可能性フロンティア
牛肉(オンス)
24
もし貿易がなければ、
牛飼が選ぶのは
この生産の組み合わせと
この消費の組み合わせ。
12
B
0
24
48
ジャガイモ(オンス)
Copyright©2003 Southwestern/Thomson Learning
特化と交易(貿易)(72頁)
• 農夫と牛飼は生産特化して交易(貿易)を行う
• もしそれぞれが生産に特化して、自分が得意な財
を生産して、それからお互いに交易(貿易、交換)
を行えば、双方が得をする(つまり、暮らし向きが
良くなる)。
農夫はジャガイモを生産すべきである。
牛飼は牛肉を生産すべきである。
Copyright © 2004 South-Western
表3-2 取引(交易)による利益
牛肉 ジャガイモ
取引なし:生産と消費
4
16
牛肉 ジャガイモ
12
取引があるケース
生産
取引
消費
取引からの利益
Copyright © 2004 South-Western
24
図3-2 交易(取引)による消費機会の拡張
(a) 農夫 の生産と消費
’
牛肉(オンス)
取引の場合の
農夫の
消費
取引の
ない場合の
8
農夫の
A*
5
4
0
生産と消費
A
16
取引の場合の
農夫の
生産
32
ジャガイモ(オンス)
17
Copyright©2003 Southwestern/Thomson Learning
図3-2 交易(取引)による消費機会の拡張
(b) 牛飼の 生産と消費
’
牛肉(オンス)
取引をした場合の
牛飼の
生産
24
取引をした場合の
牛飼の
消費
18
13
B*
B
12
0
12
24
27
取引のない場合の
牛飼の
生産と
消費
48
ジャガイモ(オンス)
Copyright © 2004 South-Western
表3-2 取引(交易)による利益
牛肉 ジャガイモ
取引なし:生産と消費
牛肉 ジャガイモ
4
16
12
24
生産
0
32
18
12
取引
+5
-15
-5
+15
消費
5
17
13
27
+1
+1
+1
+3
取引があるケース
取引からの利益
Copyright
Copyright ©
© 2004
2004 South-Western
South-Western
比較優位の原理
• 生産費用の違いが次のことを決定する:
• 誰が何を生産すべきか?
• それぞれの財(産品)についてどれだけ交易(貿易
、取引)すべきか?
誰がジャガイモをより低い費用で生産で
きるのか?--農夫か牛飼か?
Copyright © 2004 South-Western
比較優位の原理
• 生産費用の違い
• 生産費用を計測するには二つのやりかたがあ
る:
• 財1単位生産するのに必要な時間(例えば、1オン
スのジャガイモを生産するのに必要な時間)
• 一つの財を別の財のために犠牲にする機会費用
Copyright © 2004 South-Western
絶対優位
• 一つの財に関して、その生産性によって生産
者を比較すること: 絶対優位(absolute
advantage )
• 絶対優位は、一人の人、一つの企業、一つの国の
生産性を別の人、企業、国と比較して記述する
• 一つの財を生産するために必要な投入物がより
小さい生産者は、その財に関して絶対優位を持っ
ていると言う。
Copyright © 2004 South-Western
絶対優位
• 牛飼は10分間で1オンスのジャガイモを生産す
ることができる。しかし、農夫は同じことをする
のに15分間かかる(表3-1)。
• 牛飼はたった20分間で1オンスの牛肉を生産
できる。しかし、農夫は同じことをするのに60
分間もかかる。
牛飼は、ジャガイモと牛肉の両方の生産につ
いて、絶対優位を持っている。
Copyright © 2004 South-Western
機会費用と比較優位
• もう一つの計測方法は、その機会費用(
opportunity cost )によって、ある財の生産者を比
較することだった。
• 機会費用=あるものを獲得するために失わなけ
ればならないすべてのもの
• ある財を生産する機会費用を比べて、より小さ
い生産者は、その財の生産について比較優位
( comparative advantage )を持っていると言う。
Copyright © 2004 South-Western
比較優位と交易
• 誰が絶対優位を持っているか?
• 農夫か牛飼か?
• 誰が比較優位を持っているか?
• 農夫か牛飼か?
Copyright © 2004 South-Western
表3-3 牛肉とジャガイモの機会費用
1オンス当りの機会費用
農夫
牛飼
(あきらめたジャ (あきらめた牛肉
ガイモで測った) で測った)ジャガ
牛肉
イモ
ジャガイモ
牛肉
4オンス
¼オンス
ジャガイモ
2オンス
牛肉
½オンス
Copyright © 2004 South-Western
比較優位と交易
• 農夫の1オンスの牛肉の機会費用は、ジャガイ
モで測って4オンスである。これに対して、牛飼
の1オンスの牛肉の機会費用は、ジャガイモで
測って2オンスである。
• 農夫の1オンスのジャガイモの機会費用は、牛
肉で測って1/4 オンスである。これに対して、牛
飼の1オンスのジャガイモの機会費用は、牛肉
で測って1/2ポンドである。ということは、、、
Copyright © 2004 South-Western
比較優位と交易
ということは、牛飼は牛肉の生産に
比較優位を持っているが、農家は
ジャガイモの生産に比較優位を持
っている。
Copyright © 2004 South-Western
比較優位と交易
• 比較優位と機会費用における違いが生産の
特化と交易(貿易)の基礎である。
• 取引をするかもしれない相手と自分が機会費
用で違いがある限り、二人は交易(貿易、取引
)をして、交易から利益を得ることができる。
Copyright © 2004 South-Western
比較優位と交易
• 交易からの利益
• 交易は社会の全ての構成員に利益をもたらすこと
ができる。なぜなら、交易があることによって人々
は自分が比較優位を持っている生産活動に特化
することができるからである。
Copyright © 2004 South-Western
参考: アダム・スミスとリカードの遺産
• アダム・スミス(Adam Smith)
• 1776年に出版された『諸国民の富』において、ア
ダム・スミスは交易と経済的相互依存について詳
しい分析を行った。その分析を、現代の経済学者
は今も信奉している。
• デイビッド・リカード(David Ricardo)
• 1816年に出版された『経済学および課税の原理 』
において、デイビッド・リカードは、現在われわれが
知っている比較優位の原理を明らかにした。
• 二人ともイギリス人。
Copyright © 2004 South-Western
比較優位の応用例
• タイガー・ウッズ(もしくは丸山茂樹)は、自分の家の
庭の芝刈りを自分ですべきだろうか?
?
?
?
Copyright © 2004 South-Western
比較優位の応用例
• アメリカ(日本、中国)は他の国々と貿易すべきだろう
か?
• ただし、それぞれの国にはいろいろな利益・関心を持
った人がいる。国際貿易は国全体で見れば豊かにす
るものだが、一部分の人々をより貧しくすることもある
。そのことが、自由貿易に対して反対が起きる大きな
原因になっている。
• 輸入(Imports)—海外で生産されて国内で販売される財
• 輸出(Exports)—国内で生産されて海外で販売される財
Copyright © 2004 South-Western
要約
• 個人は、国内に限らず世界中の多くの人々に
よって生産された財・サービスを消費している
。
• 相互依存と交易(貿易)は、より多くのより多様
な財・サービスをすべての人々が享受すること
を可能にするので望ましいことである。
Copyright © 2004 South-Western
要約
• 一つの財を生産する能力を、二人の間で比較
するときには、二つの方法がある。
• より少ない投入量で生産することのできる人は、
絶対優位をもっているという。
• より低い機会費用で生産することのできる人は、
比較優位をもっているという。
Copyright © 2004 South-Western
要約
• 交換(貿易)の利益は、絶対優位ではなく比較
優位に基づいている。
• 交換(貿易)が人々を豊かにするのは、自分が
比較優位をもっている活動に特化することを
可能にするからである。
• 比較優位の原理は、国の場合にも人の場合
にもあてはまる。経済学者は比較優位の原理
に基づいて、自由貿易を提唱する。
Copyright © 2004 South-Western
ダウンロード

3 相互依存と交易(貿易)からの利益