現代世界経済をとらえる Ver.5
第8章 国際収支と国際投資ポジション
対外経済関係の鳥瞰図
©東洋経済新報社
1
8.1 国際収支統計と国際投資ポジション表
国際収支と国際投資ポジションは,
対外経済関係を統計的な鳥瞰図として把握する試み
a 国際収支統計の概念と項目
国際収支統計:ある特定期間にわたる居住者と非居住者との間の
経済的取引を集約した統計
経常収支
資本収支
貿易収支
投資収支
サービス収支
その他資本収支
外貨準備
増減
誤差脱漏
所得収支
経常移転収支
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
2
b 国際収支統計の基本構造
経常収支+資本収支+外貨準備増減+誤差脱漏=0
表8-1 日本の国際収支(2007年)
・・・・・・①
表8-2国際収支表の記入例
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
3
b 国際収支統計の基本構造(続き)
① 国際収支表記入の原則:「複式記録方式で記入する」
→単なる記載テクニックではなく、現実の取引関係を反映
② 経常収支と対外債権・債務の関係
・ 経常収支黒字の国→対外純債権増加
(対外債権-対外債務>0)
・ 経常収支赤字の国→対外純債務増加
(対外債権-対外債務<0)
・ 経常収支が対外債権(対外債務)を変動させる要因となる
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
4
c 国際投資ポジション
国際収支統計
⇒財や資金のフローを記録
国際投資ポジション表(対外資産負債残高)
⇒対外資産および債務の残高(ストック)を記録
表8-3 日本の対外資産負債残高(2008年末)
(出所)財務省「平成20年末本邦対外資産負債残高 増減要因(試算)」より作成.
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
5
c 国際投資ポジション(続き)
① 国際投資ポジションの計上方法
・ 自国資本の投資残高→資産項目
・ 外国資本の投資残高→負債項目
② 残高の増減要因
・ 国際取引による部分(国際収支統計に計上された金額)
・ ストックの評価調整による部分(為替相場変動による換算額の変化分と,
それ以外の部分)
③ 日本の国際投資ポジション
・ 日本は経常収支黒字によって対外純資産が世界最大
④ アメリカの国際投資ポジション
・ アメリカは経常収支赤字によって,対外純債務が世界最大
・ アメリカは純債務国であるにもかかわらず,投資収益収支が黒字
・ アメリカの巨大な国際投資ポジション→グローバリゼーションの一端
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
6
8.2 国際収支と国内経済
Y:GDP
C:民間消費支出
I:民間投資支出
G:政府支出
M:財・サービスの輸入
X:財・サービスの輸出
Y+M=C+I+G+X
X-M=Y-(C+I+G) ・・・・・・②
外需
財・サービス収支
内需,
アブソープション
財・サービス収支=GDP-内需(アブソープション)
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
7
T:政府の税収
S:民間貯蓄
S=Y-T-C
民間可処分所得
X-M=(S-I)+(T-G) ・・・・・・③
財・サービス収支=民間純貯蓄-財政収支
貯蓄・投資バランスは,財・サービス収支な
いし経常収支と対応関係にある
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
8
8.3 国際不均衡問題
赤字国
黒字国
貯蓄不足国
過剰消費国
過剰貯蓄国
消費不足国
経済収支の不均衡
表8-4 経常収支の主要な赤字国と黒字国
アメリカの巨額の赤字
1. アメリカドルが基軸通貨であることか
ら発生するアメリカの特権→どこま
で負債決済できるのか
2. 実体経済に関わる側面(黒字国の経
済成長に貢献)
(出所)IMF, World Economic Outlook Databaseより作成.
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
9
附録
図8-1 国際取引とその決済
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
10
図8-2 GDP比で見た日本の貯蓄・投資バランス(1996-2007年)
現代世界経済をとらえる Ver.5 ©東洋経済新報社
11
ダウンロード

現代世界経済をとらえるVer.5第8章