今 日 の ポ イ ン ト
1. 合併症が起きている場合
運動療法に注意が必要です
2. 合併症ごとにみる運動療法の
注意点
3. 注意しつつ運動を続けると
さまざまな効果を得られます
29-2
1. 合併症が起きている場合、運動療法に注意が必要です
運動の強度や方法があっていないと、合併症
の
進行を速めてしまいます
まれに危険な事故の原因となります
ただし、事前に、メディカルチェックを
受けることで、このような運動の
マイナス効果を防ぐことができます
運動を開始したあとも
定期的なメディカルチェックで
運動の種類や量を調整します
29-3
2. 合併症ごとにみる、運動療法の注意点
耳側
1.網膜症
水晶体
注意すること
注意すること 眼底出血、硝子体出血
原
原 因
因
運動中の血圧上昇・血流量
増加に、網膜の血管が
耐えられなくなり、出血する
網膜症の状態
単純網膜症
増殖前網膜症
増殖網膜症
29-4
軽度
重度
安定している
不安定(進行している)
網膜
黄斑部
角膜
視神経乳頭
硝子体
虹彩
隅角
鼻側
運動の進め方
ふつうの運動
軽い運動
さらに慎重に
低血糖に注意!:眼底出血のきっかけになることもあります
2. 合併症ごとにみる、運動療法の注意点
2.腎症
注意すること
注意すること 腎症の悪化
原
原 因
因
運動中の血流・血圧の変化などが腎臓に負担をかけ
腎症の進行が加速される
腎症の状態
微量アルブミン
尿期
顕性腎症期
腎不全期
29-5
運動しても変わらない
運動により増加する
間欠的にみられるが
運動しても変わらない
間欠的にみられ
運動により増加する
持続的にみられる
運動の進め方
ふつうの運動
軽い運動
さらに慎重に
2. 合併症ごとにみる、運動療法の注意点
3.神経障害
注意すること
注意すること 足の怪我・壊疽、無自覚性低血糖、不整脈
原
原 因
因
感覚が鈍くなっていると、足に怪我をしても気付きにくい。
自律神経障害が起きていると低血糖の症状が現れにくい、
心臓の働きが適切にコントロールされない
神経障害の状態
運動の進め方
運動しても症状が変わらない
ふつうの運動
足にしびれや
軽い運動
痛みがある 運動後に症状が悪化する
症状が落ち着いてから
感覚が鈍くなっている
毎日、足をチェックする
軽度
軽い運動
自律神経
さらに慎重に
障害がある 中等度以上
無自覚性低血糖に注意!
29-6
2. 合併症ごとにみる、運動療法の注意点
4.その他の合併症
心臓に病気がある場合
運動強度に十分注意しましょう
無痛性心筋虚血に注意しましょう
肥満の場合
ひざなどの関節を痛めないようにしましょう
水中運動が適しています
骨粗鬆症の場合
骨折に注意しましょう
骨に適度な負荷がかかる運動が
良いとされています
29-7
3. 注意しつつ運動を続けると、さまざまな効果を得られます
運動療法の効果とは?
血糖コントロール以外に・・・
血圧を下げる
血流が良くなる
心臓や肺の働きが良くなる
足腰が強くなる
骨が丈夫になる
ストレス解消
体の抵抗力が増す
体を動かしやすくなる
などがある
運動療法の効果によって
運動強度を強くできれば
さらに大きな効果が期待できます!
29-8
今 日 の ま と め
1. 合併症が起きている場合、運動療法に注意が必要です
運動の強度や方法があっていないと
合併症の進行を速めてしまいます
まれに危険な事故の原因となります
2. 合併症ごとにみる、運動療法の注意点
網膜症
腎症
神経障害
その他の合併症
3. 注意しつつ運動を続けると、さまざまな効果を得られます
運動療法の効果によって運動強度を強くできれば
さらに大きな効果が期待できます
29-9
クイズで確認!! 今日のまとめ
第1問
第1問
合併症が起き始めているとわかったとき
運動療法はどうする?
ア.血糖値をより厳格にコントロール
するために、それまでよりも多く
運動したほうがよい
正解
29-10
イ.合併症の状態にあわせて、運動を
それまでよりも少なめにすることがある
クイズで確認!! 今日のまとめ
第2問
第2問
自律神経障害が起きていることがわかったとき
より注意が必要なことは、どんなこと?
ア.足の怪我に気付きにくくなるので
毎日、足をチェックする
正解
29-11
イ.低血糖に気付きにくくなるので
血糖値をこまめにチェックする
クイズで確認!! 今日のまとめ
第3問
第3問
感覚神経が鈍くなっているときは
どんな注意が必要?
正解
ア.足の怪我に気付きにくくなるので
毎日、足をチェックする
イ.低血糖に気付きにくくなるので
血糖値をこまめにチェックする
29-12
クイズで確認!! 今日のまとめ
第4問
第4問
腎症の運動療法。
より慎重に進めるのはどちらのケース?
ア.微量アルブミン尿がみられ
運動後にそれが増加するとき
正解
29-13
イ.蛋白尿が持続的にみられるとき
クイズで確認!! 今日のまとめ
第5問
第5問
無痛性心筋虚血に、より注意が必要なのは
どちらの人?
ア.比較的若く
肥満症の糖尿病患者さん
正解
29-14
イ.比較的高齢で
神経障害がある患者さん
ダウンロード

PPT