今 日 の ポ イ ン ト
1. なぜ運動したほうが良いのか?
2. どんな種類の運動が良いのか?
3. どのくらいの強さ・頻度で行うと
良いのか?
4. 運動をする際の注意事項
3-2
1. なぜ運動したほうが良いのか?
運動を続けることのメリット
インスリンの働きが良くなる
血糖値をコントロールしやすくなる
エネルギー源としてブドウ糖が消費される
3-3
血糖値が下がる
1. なぜ運動したほうが良いのか?
運動種目別のエネルギー消費量
(体重1kg・1分間あたり)
エネルギー消費量:kcal/kg/分 〔日本体育協会スポーツ科学委員会資料より引用〕
例)体重60kgの人が1分間に80メートルの早さで20分歩いた場合
0.0747×60×20=約90kcal消費する
3-4
1. なぜ運動したほうが良いのか?
運動を続けることのメリット
インスリンの働きが良くなる
血糖値をコントロールしやすくなる
エネルギー源としてブドウ糖が消費される
体重を減らす効果がある
筋肉がつく
血糖値をコントロール
しやすくなる
身動きが楽になり、活動量がより増える
血圧が下がる
合併症予防に効果がある
善玉コレステロールが増える
3-5
動脈硬化を防げる
血糖値が下がる
血行がよくなる
心臓や肺の働きが高まる
骨が丈夫になる
ストレス解消(動くことは楽しい)
2. どんな種類の運動が良いのか?
糖尿病の運動療法に適しているのは「有酸素運動」
ウォーキング
サイクリング
ゆっくりめのジョギング
水泳
エアロビクスダンス
などです
これらの運動は、血糖や脂肪の利用効率を
高めます
食事の1~2時間後に行うと良いでしょう
3-6
3. どのくらいの強さ・頻度で行うと良いのか?
運動の強さは
心拍数が100~120ぐらいになるくらい
1回あたりに続ける時間は
できれば、1回30~60分続ける
頻度は
1週間に3~5回
3-7
4. 運動をする際の注意事項
事前に検査を受けましょう
あなたにあった運動を医師が処方します
準備体操・整理体操が大切です
思わぬケガや事故を防ぎましょう
無理をしないことです
体調がよくないときは、休みましょう
水分補給、陽射し対策も忘れずに
夏場はとくに気をつけて
薬物療法をしている人は低血糖に注意してください
血糖自己測定や補食など、低血糖対策を
3-8
今 日 の ま と め
1. なぜ運動したほうがよいのか?
運動によって血糖をコントロールしやすくなります
2. どんな種類の運動が良いのか?
少しだけきついと感じる程度の有酸素運動が適しています
3. どのくらいの強さ・頻度で行うと良いのか?
中程度の運動強度で、1回30~60分、週に3~5日やりましょう
4. 運動をする際の注意事項
事前に検査を受けましょう
準備体操・整理体操が大切です
無理をしないことです
水分補給、陽射し対策も忘れずに
薬物療法をしている人は低血糖に注意してください
3-9
クイズで確認!! 今日のまとめ
第1問
第1問
運動療法が糖尿病の治療に良いわけは?
正解
ア.運動をするとインスリンの働きが
よくなる
イ.運動でエネルギーを消費するので
食べ過ぎた分の帳尻をあわせられ
る
3-10
クイズで確認!! 今日のまとめ
第2問
第2問
糖尿病の運動療法に適した運動は?
ア. 瞬発力を必要とする運動
正解
3-11
イ. 十分酸素を取り入れて行う
エアロビクス運動
クイズで確認!! 今日のまとめ
第3問
第3問
運動強度の目安として、適当なのはどれ?
正解
ア. 息が弾むが隣の人と会話は
できる程度
イ. 息が弾んで会話が困難になる程度
ウ. 歌を口ずさめる程度
3-12
クイズで確認!! 今日のまとめ
第4問
第4問
運動のやり方で
より適切なのはどちらのやり方?
ア. 1週間に1~2回、集中して行う
正解
3-13
イ. 1週間に3~5回、継続的に行う
クイズで確認!! 今日のまとめ
第5問
第5問
運動療法を始める前にやることは?
正解
ア. 医師の診察を受けて、適した運動の
説明をしてもらう
正解
イ. ウォーミングアップをする
3-14
ダウンロード

PPT