Extraction holeの口径による変化
(36m phi, 25m phi, 20m phi)
Andrei’s optimization
36mphi
Pairs directed into extraction
beamline [%]
z=450cm
80
70
60
50
40
30
20
10
0
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
0.05
25mphi
Pairs directed into
extraction beamline [%]
25m phi
70
60
50
40
30
20
10
0
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
0.05
20mphi
Pairs directed into
extraction beamline [%]
20m phi
60
50
40
30
20
10
0
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
0.05
穴の径を小さくすることで当然sharpになってきているが、最大値が0.028[T]付
近にあり、0.023[T]付近であるAndreiのものとは異なっている。全体的に右へシ
フトさせた感じになっている。
ダウンロード

Extraction holeの口径による変化(36m phi, 25m phi - SAGA-HEP