Br fieldの取り入れ方を修正
Beam line上のデータをAndreiから与えられているが、Jupiterで利用する際にR依
存性を与えていなかった。
Percent of passed particles in extraction beamline
25m phi
80
70
60
50
40
30
20
10
0
Pairs directed into
extraction beamline [%]
Pairs directed into
extraction beamline [%]
36m phi
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
70
60
50
40
30
20
10
0
0
0.05
0.01
Pairs directed into
extraction beamline [%]
Pairs directed into
extraction beamline [%]
80
70
60
50
40
30
20
10
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
0.05
0.04
0.05
26m phi
36m phi
0
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
0.04
0.05
70
60
50
40
30
20
10
0
0
0.01
0.02
0.03
anti-DID max field [T]
Hit distribution in x-y plane
Factor = 1.0, so it’s same as Andrei’s optimization.
Summary
25mphiを26mphiとしたのはAndreiの最適化が26mphiで行われているからである。
Brの取り入れ方を正しくしても、極値が分からないという問題は変わっていない。
ダウンロード

Br fieldの取り入れ方を修正