産業組織論 入門
(9) 独占企業と死加重
丹野忠晋
跡見学園女子大学マネジメント学部
2015年1月29日
復習

供給を行う企業が1社しかいない市場を独占である
という

数社の企業が競争していてある程度競争がある市
場を寡占という
寡占よりも企業数が多いが,完全競争よりも少な
い状態は独占的競争であるという
 利潤を最大にする企業は限界収入=限界費用
となる水準で産出量を決定する
 生産量を増加させたとき収入の増加を限界収入という
 縦軸との切片は需要曲線と限界収入曲線で共通

2015/1/29
産業組織論 6
2
生産量2枚のときの限界収入
支払い意欲(円)
10000
8000
5000
4000
3000
生産量を増やしたときに
限界収入に2つの効果
限界収入は6000円
・価格下落によって既存
の消費者からの売上げ
が落ちる(オレンジ)
・新規の顧客の収入が
入る(紫)
限界収入
=新規顧客効果
ー既存顧客効果
1
2015/1/29
2
3
4
5
産業組織論 6
枚数
3
HW:他の生産量での限界収入を求めよ

生産量が1の時の収入は10000円

生産量が2の時の収入は16000円

生産量が3の時の収入は1500円

生産量が4の時の収入は1600円

生産量が5の時の収入は1500円
2015/1/29
産業組織論 6
4
HW:他の生産量での限界収入を求めよ

生産量が0から1の時の限界収入は10000円

生産量が1から2の時の限界収入は6000円

生産量が2から3の時の限界収入は

生産量が3から4の時の限界収入は

生産量が4から5の時の限界収入は
2015/1/29
産業組織論 6
5
独占企業の行動と社会的な評価

独占企業はプライスメーカー

価格ではなく数量を選ぶ

価格は需要曲線で決まる

需要曲線から限界収入曲線を導く

独占企業にとって最適な生産量を求める
限界収入=限界費用
となる水準を実際に求める

独占企業YKKの数値例を考える
2015/1/29
産業組織論 6
6
ファスナーを独占的に生産しているYKKの例
ファスナー価格(円)
100
95
90
85
80
75
70
65
60
55
50
45
40
2015/1/29
ファスナー(個) 収入(円) 限界収入(円)
0
0
定義されない
1
95
95
2
180
85
3
255
75
4
320
65
5
375
55
6
420
45
7
455
35
8
480
25
9
495
15
10
500
5
11
495
-5
12
480
-15
産業組織論 6
7
独占企業の需要曲線と限界収入曲線
円
120
100
80
60
ファスナー価格(円)
40
限界収入(円)
20
0
-20
0 1
2 3
4 5
6 7
8 9 10 11 12
ファスナーの数量
-40
2015/1/29
産業組織論 6
8
独占価格

限界費用は一定の45円とする

固定費用は0円

MC=45

MR=45の産出量は Q=6

利潤の最大化は Q=6 で達成される

限界費用よりも高い価格をつけられる力を
独占力あるいは価格支配力という

独占企業がつける価格を独占価格という
2015/1/29
産業組織論 6
9
独占企業限界収入曲線と限界費用曲線
円
120
100
80
60
限界収入(円)
限界費用(円)
40
20
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ファスナーの数量
-20
-40
2015/1/29
産業組織論 6
10
独占と市場価格
円
6単位の生産では
市場価格は70円になる
M
PM=70
C
限界費用曲線
P*
需要曲線
限界収入曲線
数量
Q M=6
2015/1/29
Q*
産業組織論 6
11
ファスナー(個) 収入(円) 限界収入(円) 限界費用(円) 費用(円) 利潤
0
0
定義されない 定義されない
0
0
1
95
95
45
45
50
2
180
85
45
90
90
3
255
75
45
135
120
4
320
65
45
180
140
5
375
55
45
225
150
6
420
45
45
270
150
7
455
35
45
315
140
8
480
25
45
360
120
9
495
15
45
405
90
10
500
5
45
450
50
11
495
-5
45
495
0
12
480
-15
45
540
-60
2015/1/29
産業組織論 6
12
独占の弊害

独占価格によって価格は引き上げられる

限界費用と価格が等しい時の産出量は11個

独占は6個しか生産しない

経済厚生は価格=限界費用の水準と比べ低
下する

低下した厚生の損失を死荷重(しかじゅう)と
いう

図形的に理解してみよう
2015/1/29
産業組織論 6
13
独占と経済厚生
円
消費者余剰
M
PM
P*
生産者
余剰
C
限界費用曲線
需要曲線
数量
QM
2015/1/29
Q*
産業組織論 6
14
独占だが限界費用で価格付けした場合
円
M
PM
P*
生産者余剰はゼロ
消費者
余剰
C
限界費用曲線
需要曲線
数量
QM
2015/1/29
Q*
産業組織論 6
15
死荷重
円
• 独占は競争よりも経済厚生
が低くなる
• その損失を死荷重と呼ぶ
独占の経済厚生
M
PM
死荷重=厚生損失
C
限界費用曲線
P*
需要曲線
数量
QM
2015/1/29
Q*
産業組織論 6
16
ファスナーの例の死荷重を求めよう
死荷重
円
独占の経済厚生
100
M
PM=70
死荷重=厚生損失
C
限界費用曲線
P*=45
需要曲線
数量
Q M=6
2015/1/29
Q *=11
産業組織論 6
17
死加重を求める

三角形の面積=縦×横÷2

縦の長さ=70-45=25

横の長さ=11-6=5

三角形の面積=25×5÷2=62.5

死加重は62.5

独占の経済厚生は?
2015/1/29
産業組織論 6
18
独占と経済厚生
円
消費者余剰
100
M
PM=70
P*=45
生産者
余剰
C
限界費用曲線
需要曲線
数量
Q M=6
2015/1/29
Q *=11
産業組織論 6
19
独占の経済厚生を求める










消費者余剰
三角形の面積=縦×横÷2
縦の長さ=100-70=30
横の長さ=6-0=6
三角形の面積=30×6÷2=90
生産者余剰
長方形の面積=縦×横
経済厚生は
縦の長さ=70-45=25
90+150=240
横の長さ=6-0=6
長方形の面積=25×6=150
2015/1/29
産業組織論 6
20
競争政策
価格が高すぎると非効率性が高まる
市場支配力の濫用






1.
2.
3.
大規模製造業者が下請け企業いじめ
大型小売店が納入企業に特別なサービスを要求
政府は積極的に競争の促進を実施している
独占禁止法(日本),反トラスト法(米国)
価格カルテル・談合の阻止
大きな合併の制限
優越的地位の濫用の防止
2015/1/29
産業組織論 6
21
自然独占

上水道や下水道は設備に膨大な費用がかかる

このとき独占に任せておいた方が良い

費用逓増産業で独占が自然に発生するので自然
独占という

政府の規制が必要性,自治体が運営

以前は電力,電話,CATVも自然独占だった

技術革新により新規の参入が採算が合うように
なった

規制の見直しが必要
2015/1/29
産業組織論 6
22
復習
独占企業は供給量を選ぶ
 価格は需要曲線によって定まる
 限界費用よりも高い価格をつけられる力を独占力
という


価格と限界費用が等しい状態から低下した経済厚
生の減少を死荷重という

独占力が高まると非効率性が高まる

それを是正するのが競争政策
費用が増えて自然に独占が成立するのを自然独占
 そこから競争が望ましくする力が技術革新

2015/1/29
産業組織論 6
23
ダウンロード

2015/1/29