市民中心、個人化と保健社会学
東京大学保健社会学同窓会シンポジウム
「保健社会学の発想と方法」
2005年12月10日
聖路加看護大学
中山和弘
聖路加看護大学21世紀COEプログラム
「市民主導型の健康生成をめざす
看護形成拠点」
市民
健康資源コンテンツデジタル化と
e-learning開発
看護職
看護ネット www.kango-net.jp
目的
ヘルスリテラシーの向上
市民のヘルスリテラシーの向上を支援する
ための情報提供
ヘルスリテラシー「健康についての適切な意
思決定を行うにあたって必要な健康情報や
サービスを手に入れ、整理し、理解する能力
の程度」(Healthy People 2010, 2001)
意思決定に必要なエビデンスの見方、
Evidence-Based Healthcareの方法論、意
思決定の方法の学習機会、交流の場を提供
目的
看護職と市民の力活用
意思決定における看護職の役割をアピール
意思決定支援に関する研究成果を紹介
看護職を選んでもらう機会を提供
「熟練(エキスパート)患者Expert Patient」
「プロアクティブ患者Proactive Patient」
の情報交換や活動の場
市民の知恵(問題解決能力)を生かす場
市民研究者、市民シンクタンクの可能性支援
目的 コミュニティ形成
市民と看護職の健康と医療についての理解
の仕方、情報活用や支援の状況と結果にお
ける、ナラティヴ(語り)を分析。暗黙知
を掘り起こし形式知に(その逆も)
市民と看護職の協働により、エンパワーメ
ントとアドボカシーの機能を持ったコミュ
ニティ形成、ソーシャルキャピタル形成
形式的な市民参加と異なる市民主導性を推進
eラーニングによる学習コミュニティ
看護が支援する市民中心と学習者中心
看護=「健康と病気に対する人間の反応の
診断と対処」(アメリカ看護協会)
学習=「刺激に反応し行動変容すること」
ナラティブ、質的研究への関心は、学習科
学やeラーニングでの学習者の認知や学習
プロセスへの関心(構成主義)と共通
看護職の役割は、学習支援?
市民とともに「学習コミュニティ」形成
個人化と新旧の中間集団の役割
市民中心、患者中心、学習者中心→個人化
サポート要請→新旧の中間集団の役割
個人(自己)と中間集団(環境)に対する
現在から未来への信頼(安心、安全)の力
SOC、有意味感とSpiritual Health
ホリスティックな治療者ー被治療者関係(治癒力)
ソーシャルサポート、SHG (妥当性確認、承認)
社会疫学→Neighborhoodへ
新たな中間集団としての看護職、ネットコミュニティ
保健社会学の発想と方法、方向性
個人(自己)、新旧の中間集団(環境)、
健康へのまなざし、常に3者を視野に
3者の相互依存性の構造分析(SEMは味方)
主効果だけでなく交互作用(社会的要請・
強制と個人の選択・適応)にも注目
3者の構造の理論化を!
個人
中間集団
健康
個人×中間集団
健康
ダウンロード

市民中心、個人化と保健社会学