diff:
f ( x)  xkを1回微分する
diff(x^k,x);
f ( x)  xkを3回微分する
diff(x^k,x,3);
desolve:
d 2 y dy
f ( x) 
  y  0を解く
dx 2 dx
desolve('diff(y(x),x,2)+'diff(y(x),x)+y(x)=0,y(x));
diffの前の'(アポストロフィー)は、そのLisp関数を評価(実行&展開)せず、そのまま渡すこと
を指示するものである(desolve()の場合はこれを省略して評価してしまっても良い。
atvalue:
微分方程式を解くにはatvalue(関数,独立変数名=値,関数の値)で定義する。
desolve(微分方程式、求める関数);
atvalue(y(x),x=0,0)$
atvalue('diff(y(x),x),x=0,1)$
desolve('diff(y(x),x,2)+'diff(y(x),x,1)+y(x),y(x));
$を付けると評価は表示されない
plotdf:
plotdfファイルをロードする
load("plotdf");
(%i5) plotdf(x);
(%i6)
(%i8) plotdf(sin(x));
ダウンロード

diff(x^k,x)