2015年2月5日
トヨタ車体、自動車部品に使える間伐材を用いた射出材料を新開発
トヨタのアルファード/ヴェルファイアのハイブリッド車に
「スギ間伐材を用いたワイヤーハーネスプロテクター」を採用
トヨタ車体株式会社(本社:愛知県刈谷市
ねつ か そ せ い
維として利用し、熱 可塑性 樹脂
*1
取締役社長:岩瀬 隆広)は、スギ間伐材を強化繊
と組み合わせた難燃性射出材料「TABWD Ⓡ /タブウッド」を
開発し、このたびトヨタ自動車株式会社が 1 月 26 日に発売した新型アルファードならびにヴェル
ファイアのハイブリッド車向けのワイヤーハーネスプロテクター *2 として採用されました。
通常の自動車用樹脂部品は、熱可塑性樹脂の強度や耐熱性を高めるためにガラス繊維や鉱物の
粉を添加していますが、当社は 2013 年に、この添加物をスギ間伐材の繊維に置き換えることに成
功し、これまでランドクルーザー(200 系)やエスティマハイブリッドなどのフォグランプブラ
ケットに採用されてきました。
今回は、従来の強度や耐熱性といった特性に加え、難燃性を付与させることで、高温になるエ
ンジン周辺のワイヤーハーネスプロテクターへの採用が可能となりました。また、 木材は、軽量
で強度が高く、温度変化に対しても安定な材料です。この特徴を活かすことにより、既存の射出材料
に比べて 10%の軽量化も図ることができました。
トヨタ車体は、スギ間伐材を用いた射出材料の使用製品の拡大を目指すとともに、今後も間伐
材の有効利用につながる新しい使い方を提案してまいります。
スギ微細繊維
熱可塑性樹脂(ポリプロピレン)
と混合した射出材料
(TABWD Ⓡ /タブウッド)
ワイヤーハーネスプロテクター
(黒い部分が開発材使用部位)
*1:適当な温度に加熱すると軟化し、冷却すると固化する変形しやすい性質の樹脂
*2:配線をまとめかつ保護する目的で取り付ける部品
会社創立70周年 感謝の年
ダウンロード

トヨタ車体、自動車部品に使える間伐材を用いた射出材料を新開発