広がるつながる意味ネットワーク
前置詞多義語の理解から発信型の学習へ
鎌倉
『ジーニアス英和辞典 第5版』(G5)では,
義士
◆イメージ図
前置詞についてもすべての語義と用例の記述を徹
前置詞の基本義を理
底的に見直し,英語学やコーパスを基に,新たな
解するのにイメージ図
言語事実も盛り込むことで有益な語法情報を充実
は重要である。G5で
させた。前置詞での最大の変
は,認知言語学の
は細部により注意を払
知見を取り入れ意味ネットワークを新たに導入し
い,図を完成させた。
たことである。G4においても語義展開図の名称
右 図 behind で は 後 ろ
で前置詞の特性である多数の意味を理解しやすい
に隠れるイメージを明確にするため,対象物のう
よう提示されていたが,G5ではその
ち後方に位置する部
えを
に
を点線で表示し改善した。
進化させた。意味ネットワークの利点は,前置詞
over に関しては2種類のイメージ図を用意し
の基本義である位置・場所の意味から時を表す意
た(下図)
。over は認知言語学において長年研究
味へ,さらに抽象的な意味への展開を明確に示せ
されており,静的と動的な意味の両方が意味ネッ
る点である。これにより,まず基本義をおさえ,
トワークの中心点として重要な役割を果たす。複
中心的な語義から多数の語義がどのように展開し
数のイメージ図によって意味の広がりの起点とな
ていくのかを関連づけて前置詞の意味を把握する
る基本義を視覚的に提示した。
ことができる。
前置詞の基本義は簡易な図で示すことが可能で
ある。G4から継続して前置詞イメージ図は,注
意が向けられる対象物とその背景になるものの二
者の関係を表し,必要なものには対象物の動きを
記している。英語の文において,対象物とは前置
副詞の図にも改訂を加えた。下図は副詞 down
詞(句)の前方に位置する名詞を指し,対して背
のイメージ図である。down や up などは前置詞
景となるものは前置詞の後方に位置する名詞を示
より副詞の用法が一般的である。その点を
す。これら2つで構成された関係が,位置・場所
し,down には対象物と動きのみで構成された副
の意味から抽象的な意味まで共通する基本的なイ
詞のイメージ図も加えて提示
メージであることを図と意味ネットワークで示し
した。前置詞と副詞それぞれ
ている。すなわち,辞書利用者がイメージ図を見
のイメージを併記し,学習者
て語の基本イメージを捉え,それがどのように発
によりよく理解してもらう目
展していくかを意味ネットワークで確認できるよ
的の変
うG5の主要な前置詞は構成されている。
14
である。
慮
特集
新世代の『ジーニアス英和辞典』,ついに刊行
◆意味ネットワーク
前置詞の正確な意味の理解と的確な
用には,
複数の意味にわたる全体像を知ることが不可欠で
ある。例えば,次の2つの文で at と in は共に場
所を指す前置詞である:Kent works at the market. / He lived in England. 私の研究と指導経験
によると,日本人英語学習者は場所を指す前置詞
に in を過剰
■ at
【基本義:場としての一点】
前 )
…に,…で【地点・場所】
(▢
前
前
…に【時間】
(▢
(▢
a) 【順序・回数】
b)
前 a) …をねらって
前
(▢
…に向かって【目標】
(▢
a)
前
…を見て
(▢
a)
前 ) 【極限・限界】
前 )
…で【数直線の一点】
(▢
(▢
…の点で,…に関して
前 )
(▢
前 ) …で
前 )
…をしている【存在】
(▢
【所属】
(▢
前
(▢
…で【状態】
a)
用する傾向がある。これは,at が
一点を指すのに対し,in は空間を指すという基
ら限界点を示す at や「…の点で」へのつながり
本イメージを把握していないことが原因である。
を知れば対象の一点を示す at を理解しやすくな
このように学習が難しい前置詞の意味の違いを
理解し,正確に
い
ける手助けとなるよう意味
ネットワークを
案した。その根幹となる
ると
え,ネットワーク上に配置した。
副詞の down,up にも新たに意味ネットワー
えは
クを作成した。その理由は,前置詞と同様に位置
認知言語学の知見に基づく。具体的には,前置詞
的意味から抽象的意味への発展が見られるからで
の意味が「位置(場所)→時→抽象的意味」へと発
ある。down の意味ネットワークにおいては,意
展することであり,全ての前置詞意味ネットワー
味的な特性をふまえた特別な構成として基本義か
クにおいて原則的にこの提示順を徹底している。
ら想像し難い意味をネットワークの第1層に配置
代表例として before のネットワークを見る。
するようにした。
「下に」の意味から「完全に」
■ before
【基本義:…より前に】
前 )
…の前に
【位置】
(▢
前 a)
(▢
…よりも前に【時】
前 a)
…よりも前に【順序】
(▢
「抑えつけて」の意味は関連づけることが難しい
と思われる。それらを代表的な語義として提示す
ることで,その下層に位置する抽象的な意味の
前
…に優先して(▢
前
…よりまさって(▢
b)
c)
before の中心になる意味として位置の意味で
ある「…の前に」を最初に提示し,続いて時を示
す「…よりも前に」,そして順序を意味する「…
より前に」で意味ネットワークは構成されてい
る。これは位置の意味から始まり,時間軸におけ
る位置として時の意味が続き,その後,抽象的な
順序の意味へと発展することを示す意図による。
またG5の意味ネットワークでは,前置詞の意
「すっかり」
「しっかり」や「休止」
「黙って」へ
の意味拡張を明確にすることを試みた。
■ down
副
下へ
【移動】
(▢
a)
副
下に
【静止】
(▢
b)
副 )
姿勢を低くして
(▢
副 )
書き留めて
(▢
副 )
離れて,すぐそこに
【場所】
(▢
副
副
(▢
下がって
【量】
(▢
a) 減じて
b)
副 ) すっかり崩れ落ちて
副
完全に
(▢
(▢
a)
副
すっかりきれいに
(▢
b)
副
しっかりと固定して
(▢
c)
副 ) 休止の状態に
副 )
(▢
抑えつけて
(▢
副 )
黙った状態に
(▢
味の全体像をつかみやすいよう基本義から抽象的
意味の理解は,
「聞く・読む」の受信的技能の
な意味への発展を明確にしたことに加え,周辺に
みで必要とされるものでなく,
「話す・書く」の
ある抽象的意味から中心にある基本義を帰納的に
発信的技能でも欠かせない知識である。基本義か
も再確認できるよう構成した。例えば,at のネ
ら抽象的意味への発展の道筋を意味ネットワーク
ットワークの第1層にある「…に向かって」の意
で視覚的に提供することが,G5を利用する英語
味は一点を目標とする「…をねらって」の意味へ
学習者の積極的な英語での発信に貢献することを
とつながる。同様に,数直線の一点を指す意味か
大いに期待する。(かまくら
よしひと・愛知大学准教授)
G .C .D . 英語通信 No .5 4 (No v. 2 0 1 4 )
15
ダウンロード

広がるつながる意味ネットワーク