金融革新と市場危機
2章3節 金融危機の波及要因
07BA229J Noguchi Masayo
金融危機の波及要因
金融危機下での価格決定
時価評価・・・投げ売り的な価格にも影響を受ける。
①時価評価が危機を深刻化させたのか
公正価値の指標がどのようなものかわからない!
市場が機能していないときに時価
②市場間伝播の仕組み
評価を適用するのは、危機を過大
評価するリスクがあるため、
―資産価値評価の相対性
適当ではないのでは・・・
しかし!
会計指標は、継続的に一定の基準の下で計算されることによって意味を持つ!
一時的に基準を棚上げすることは、不良債権処理と同様、
問題の先送りにしかならない・・・
オフバランスに計上される金融資産から生じるリスクの問題も存在する
②市場間伝播の仕組み
―資産価値評価の相対性
市場間での危機伝播の理由
①レバレッジの高さに起因する調達面での流動性確保の
ための資産売却(P54)
②「リスクの再評価」というような、市場横断的な
リスク評価の見直し
原資産価格
サブプライム
プライム・
DOWN!
関連
DOWN!
社債
DOWN!
論点
『世界的な銀行危機に対する包括的な対応』より
バーゼルⅡの見直しについての検討
ダウンロード

金融革新と市場危機 2章3節 金融危機の波及要因