Progress Report
2014/6/14 Sat
Waseda univ.
Rikiishi kazuki
Flow
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
A/I
二項分布のError bar
Threshold倍率の修正
Proton , Gamma
LD Thresholdとエネルギー閾値の関係
直線でフィット
Efficiency導出手順
To Do
1. A/I
- エラーを二項分布に修正
- エネルギーを対数で等間隔になるよう修正
-> {1.0, 1.5, 2.0, 3.0, 5.0, 7.0} * 10^n [GeV] n = -1 ~ 3
と 10, 100[TeV]
- Threshold倍率を修正
->Single: 全て変更
->LE ,HE: IMC_4とTASCの倍率のみ変更
- Proton , gammaのデータも作成し、Efficiencyを示す。
- Efficiency計算までの手順をまとめる。
2. 二項分布のエラー
3. Threshold倍率の変更
Threshold倍率を以下のように修正
-singleは全て倍率によって変動
-LE, HEはIMC-4layer(x,y)とTASCのみ倍率によって変動
4. Proton, gammaのEfficiency
別のとこで見せます。
5. Threshold倍率とエネルギー閾値の関係
GeV
Electron HE
GeV
Threshold倍率
Gamma HE
Threshold倍率
6. 直線でフィット
別で見せます.
7. Efficiency 計算方法(流れ)
粒子毎、
エネルギー毎
(各10万)のデータ
粒子種,
エネルギー,
を指定
ATMNC3
宇宙線データ
rand sphere()によって
一様等方に到来方向
の情報を付加
検出器
シミュレーション
(EPICS)
MDC
シミュレーション
検出器
応答データ
(トリガー判定)
(トリガーカウン
ト)
(幾何条件判定)
(通過数カウント)
Mask Pattern
LD Threshold
Efficiencyの算出
及び
グラフ化
通過数
各モードトリガー数
データ
7. Efficiency 計算方法(詳細)
1. MDCシミュレーションによる粒子通過数, 各モードトリガー数の算出
-> 読み込むconfig fileとPIDをいちいち指定してまわしている.
->シェルで一発OKにしたいとは思っている…
2. グラフ化
->PIDを指定することで、各Threshold倍率の
テーブルを一括で読み込み、それぞれEfficiencyを計算
エラー等を算出し、Fitし、指定した割合を越えるときの
エネルギーを算出した後、一括でグラフ化、保存
ここで同時に、エネルギー閾値のテーブルを作成し出力。
8. ToDo
・Trigger Rate との関係?
・伝送レートとの関係?
ダウンロード

Progress Report 2014/6/6 Sat