都市域における水害対策
10班
C07047 村上彰一 C07048 森田紘矢
C07049 矢口善嵩 C07050 矢田陽佑
C07051 山河亮太 C07052 山下優人
はじめに
• 中間までの状況の整理
• 今日の方針
水害とは・・・。(1)
• 水による災害のことで、大きく分けると、外水
氾濫と内水氾濫に分けられる。
• 外水氾濫とは、河川の水量が増して溢れ、堤
防が切れて起こる洪水のことである。
• 内水氾濫とは、都市域で、雨などが土に浸み
こまず、徐々に水がたまっていき、街などが
水没することである。
水害とは・・・。(2)
• 水によりもたらされる個人的・社会的被害を
制御することを治水と呼ぶ。
• 津波は水害だと思われがちだが、津波による
被害は、ふつう水害に含めない。これは、津
波の原因が気象的ではなく、地質的であるか
らと考えられる。
なぜ野並地区に水害が多いのか
• 野並地域は、昔は広大な水田地帯だった。この水田守る
•
ために郷下川に堤防を建設し、ある程度は水田地域を
守る事に成功した。
現在では、すでに農地は残っておらず都市化に伴い水
路の改修もすすめられ、郷下川の堤防は廃止されること
になり、野並地区に水害をもたらす大きな原因になって
いる。
首都圏外郭放水路 (1)
• 埼玉県の東部で進む、世界最大級の地下河
川の建設計画です 。
• 首都圏外郭放水路は、あふれそうになった
中小河川の洪水を地下に取り込み、地下50
mを貫く総延長6.3㎞のトンネルを通して江
戸川に流す、世界最大級の洪水防止施設で
す。これまで約450万tもの洪水を安全に
処理するなどめざましい治水効果を発揮し
ています。
首都圏外郭放水路(2)
• 首都圏外郭放水路は大きく3つの機能で構成さ
れています。地上の溢れた洪水を地下に取り込
む機能。水を地下空間に溜めておく機能。そし
て貯まった水を吐き出す機能です。このスケー
ルはまさにギネス級。洪水を取り込む直径30m、
深さ60mにおよぶ5本の巨大立坑をはじめ、地
中深く6.3kmにわたって走る直径10mの地底
トンネル、重量500トンの柱が59本もそびえる
マンモス水槽、そして、毎秒200tの水を排水
する14000馬力タービンなど、そのすべてが想
像を超えるスケールです。
• 総合データ
• ■総貯水量670000m3
•
•
■最大排水機量1秒間に
200m3
■トンネル延長6300m
■立坑サイズ直径30m、
深さ60m
■調圧水槽サイズ長さ177m、幅78m、高さ25m
調圧槽の内部
トンネル内部
立抗
ガスタービン
最後に
• 全体を通して、水害とは人間の自然に対する
認識の甘さや、特定状況の重複によって被害
が拡大するようです。従って、この問題には
終わりがなく、常に合理的に進歩させるべき
問題であるように感じました。
ダウンロード

都市域における水害対策